櫻井周斗投手、高校生では打てないスライダーはプロも打てないかも

櫻井周斗

日大三時代に、「高校生では打てない」スライダーを投げ、清宮幸太郎選手から5打席連続三振を奪った櫻井周斗投手は、韓国・ハンファとの練習試合でスライダーで2三振を奪い、プロでも通用する可能性を示した。

ラミレス監督も「えぐい」

横浜DeNAにドラフト5位で指名され、現在は2軍でキャンプをしている櫻井周斗投手、14日に韓国・ハンファとの練習試合で登板し1回無失点に抑えたが、この日も同じ相手との練習試合で、8回に登板すると得意のスライダーで2つの三振を奪った。1回ノーヒット無失点だった。

この投球を視察していたラミレス監督は、「スライダーはえぐい。印象的な投球だった」と話したという。どんな言葉が「えぐい」と翻訳をされたのかが気になる所だが、櫻井投手の「高校生では打てない」と言われたスライダーは、プロの監督が見てもすごい球だった。

さらに高い注文

ただし、すぐに1軍でという事ではない。ラミレス監督は「スライダーだけでは打者に狙われる。他の球種も磨いてほしい」と話した。それができた上で、「1軍で投げるチャンスは間違いなくある」と、今年の1軍登板の可能性があることを示唆した。

櫻井投手はこの日の投球について、「腕を振って投げられた。スライダーには自信を持っている」と話し、「僕は僕のペースで幅を広げていけたら」と、ストレートや他の変化球をじっくり磨いていくと話した。

石田、今永、濱口、東の先発左腕の投手陣に、えぐいスライダーを投げる櫻井投手が加わったらどうなってしまうのか、楽しみ。

2018年ルーキーの活躍一覧

2軍と韓国・ハンファとの練習試合(宜野湾)に6番手で登板。スライダーで2三振を奪うなど1回無安打無失点。「腕を振って投げられた。スライダーには自信を持っている」と胸を張った。視察した指揮官も「スライダーはえぐい。印象的な投球だった」と絶賛し、「(1年目から)1軍で投げるチャンスは間違いなくある」と期待した。

 


PAGE TOP