横浜DeNA、ドラフト1位の小園健太投手の1軍キャンプスタートが決定、三浦監督の英才教育

横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAは、大学生右腕のドラフト2位・徳山壮磨投手と4位の三浦銀二投手、大学生外野手の梶原昂希選手の他に、ドラフト1位の高校生右腕・小園健太投手も1軍キャンプスタートとなることがわかった。

スポンサーリンク

トップレベルの投手の球を

横浜DeNAはスタッフ会議を行い、高校生ではあるが、ドラフト1位の小園健太投手を1軍キャンプとスタートとすることを決めた。三浦監督は「育成メニューをこなしながらトップレベルの投手の球を見て感じてもらいたい」と話す。

体づくりやフォーム、そして1軍の制球力を身につけるために2軍で過ごさせる考えもあるが、千葉ロッテの佐々木朗希投手が1年目に1軍キャンプスタートをさせながら、1軍首脳陣のもとで育成メニューを作って取り組み、2年目の昨年はシーズン後半にローテーションの筆頭格の投球を見せていたことを鑑み、小園投手も同じ道を歩ませる。

小園投手は「先輩から学べるものを全て吸収したい。今は不安より楽しみが大きい」と話し、目を輝かせた。

ただし、三浦監督は現役時代にキャンプで球数を投げて調整をしていたが、それをそのまま見習うことはせず、自分のペース・調整をつかんでいくことが重要だと思う。1軍キャンプでは今永投手や外国人投手など、球威も制球力もある投手がブルペンで並ぶため、自分のペースで投げるには、かなりの胆力が必要になる。小園投手は堂々と自分のペースで練習してほしいと願いたい。

背番号18のプレッシャーもあるし、多くのマスコミ、そしてプロ野球のOBの訪問など、いろいろなことを一気にやらなければいけない。気を遣う場面も少なくないが、スタッフや首脳陣がその負担を軽減させる必要もある。

小園投手には気にしない力が必要となりそうだ。また、例え2軍に入れ替わりになっても落ち込む必要はない。マイペースで淡々と、あまりニュースにならなければ、小園投手の調整がうまく進んでいると考えたほうが良いだろう。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
2021年キャンプ、ルーキーの振り分け一覧
2020年のドラフト会議で指名された選手の、キャンプのスタートの振り分け状況です。
DeNAドラ1・小園、“朗希流”で育てる 令和の怪物と同じく1年目からキャンプ1軍スタート - スポニチ Sponichi Annex 野球
 「朗希流」で育成へ――。DeNAが春季キャンプに向けたスタッフ会議をオンラインで行い、ドラフト1位右腕・小園(市和歌山)のキャンプ1軍スタートが決まった。三浦監督は「育成メニューをこなしながらトップレベルの投手の球を見て感じてもらいたい」と理由を明かした。

指揮官が現役時につけたエース背番「18」を継承した右腕にかける期待は大きい。新人では徳山(早大)、三浦(法大)、梶原(神奈川大)も1軍で始動するが、いずれも即戦力の大卒で、高卒は小園だけ。本来は2軍キャンプで体力強化を図る時期だが、ロッテ・佐々木朗は高卒1年目から1軍首脳陣の下で育成メニューに取り組み、3年目の今季はローテーションの柱を期待されるほどに成長。150キロ超の速球を誇る18歳にも同様の道を歩ませる方針だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント