東北楽天・松井裕樹投手、1軍では制球定まらず

東北楽天ルーキーニュース

 東北楽天の松井裕樹投手が5度目の先発に臨んだが、5四死球を与えて4回3失点で降板し4敗目となった。

 

前回登板から

 東北楽天の松井裕樹投手は、開幕から先発として登板したが4度先発したものの0勝3敗と結果を残せなかった。四球を過剰に意識し、四球を出すたびに本人も周囲もビクビクするようになってしまい、ファームに降格していた。

 ファームでは中継ぎで登板した後、先発でも制球も安定するようになって1軍に昇格し、プロ5度目の先発に臨んだが、初回は146km/hの速球で3人で抑え素晴らしい立ち上がりを見せた。

 

4回5四死球

 しかし2回に3四球を与えて満塁のピンチを迎える。しかしここは球威で2三振を奪い無失点に抑えたが、3回も連続で四球を与えるとボークで動揺しタイムリーヒットを浴びて2点を失った。

 球速は149km/hを記録したものの4回3安打6奪三振も5四死球で3失点と、降格前と同じ状態で降板した。

 「セットポジションで制球がばらついてしまった。初回の投球を続けないといけないですね」と話した松井投手だが、オープン戦やファームでは好投するものの1軍では四球で崩れるのは、気持ちの面が一つと、レベル的にもうひとつ上のレベルに行かないと勝ち星を獲る事はできないのかもしれない。

 素質としては十分ある。1軍で1つ勝つ事ができれば、一気に勝ち上がれる力を持っていると思う。まだ1年目、四球を出しても動じず、1軍の選手を相手に思い切り投げてゆけばいいと思う。

 

 5四球を与え、またも制球難で自滅した。3回は連続四球にボークが絡んで2死二、三塁に。追い込みながらもロサリオに2点打を浴びると、4回には2死から連打で失点した。初回は3者凡退、2回は1死満塁から決め球チェンジアップで連続三振に仕留めた。最速149キロで6奪三振と力を見せたシーンもあった。「イニングごとに安定しないと。初回のような投球を続けられないといけない」と語った。

 初回は丸から146キロの外角直球で空振り三振を奪うなど3人で片付けた。だが、2回から制球が乱れた。3四球で1死満塁。ここは下位打線を連続三振で切り抜けたが、3回は連続四球にボークも絡んで2死二、三塁とし、ロサリオに右前2点適時打を浴びた。直球は抜け、得意のスライダーも制球できず、頼みはチェンジアップだけ。最速は149キロを計測したが、4回までの打者21人で初球にストライクを取れたのは、8人だった。

 開幕から4試合で3敗、防御率6・05で4月下旬に2軍落ち。制球難を克服するために、クイックを改善し、膝を大きく曲げるセットポジションを習得した。イースタン・リーグでは6試合で防御率0・89の好成績を残し、今月6日に1軍に再昇格。先発の駒不足でチャンスを得たが、結果はこれまでと同じだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント