ソフトバンクはドラフト2位・大津投手と5位・松本投手がキャンプA組スタート

福岡ソフトバンクルーキーニュース

福岡ソフトバンクが、2月1日から宮崎と筑後で行う俊くキャンプメンバーの振り分けを発表し、ルーキーではドラフト2位の大津亮介投手とドラフト5位の松本晴投手が1軍にあたるA組キャンプスタートとなった。

スポンサーリンク

投手22人がA組

A組スタートとなったドラフト2位の大津亮介投手は、新人合同自主トレで5度のブルペン入りをするなどアピールをしていた。キャンプに向けて「張り切り過ぎずに、飛ばし過ぎず、自分らしい調整を」とマイペースを維持しながらも、「柳田さんとか一流の打者に、どんな投手が怖いか、どういうボールが打ちづらいかとか聞いて参考にしたい」と話した。

また、「先発で勝負したい」と話し、「制球力重視のピッチングで。ホークスにはスピードが速い投手が多いけど、自分はコントロールの部分で戦力になりたい」と制球力を生かした投球で開幕1軍入りを目指す事を誓った。

ただし、A組キャンプは厳しいものになる。A組は全体で44人が参加するが、そのうち投手は22人となっており、昨年の12人から大幅に増えた。藤本監督も「今季のホークスの課題は先発投手の確立です。千賀が抜けて12~15人くらいいるかな。横一線から誰が抜け出すか。誰がどれだけやるか、凄い楽しみです」と、千賀投手の抜けた穴を埋めるために、厳しいサバイバルになることを宣言した。

ルーキー2投手については、「見たい先発枠」と斉藤和巳投手コーチが直訴して1軍スタートとなったという。藤本監督も「2月1日から若手、ベテランみんな同じ投手練習ですよ。差は出るが、みんな、ある程度やってくれているので」と話す。2人のルーキーがこの中で目立つアピールをすることができるか、注目したい。

2023年、1軍キャンプスタートのルーキー一覧
2022年のドラフト会議で指名されたルーキーの、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
ソフトBドラ2・大津 キャンプA組も「張り切り過ぎず自分らしい調整を」開幕ローテ入りも視界に - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ソフトバンクの新人投手ではドラフト2位の大津(日本製鉄鹿島)と同5位の松本晴(亜大)が春季キャンプA組に入った。
ソフトBに仁義なきローテ抗争勃発 キャンプA組に大量投手22人 藤本監督ハッパ「横一線」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 仁義なき“ローテ投争”が宮崎にて勃発だ――。ソフトバンクは24日、福岡市内のホテルで監督・コーチ会議を開き、2月1日から宮崎と筑後で行う春季キャンプメンバーの組み分けを決定した。A組(1軍)の44人のうち22人が投手と、昨年の12人からほぼ倍増となった。藤本博史監督(59)は、V奪回の優先課題を先発投手の確立とし、開...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント