埼玉西武ドラフト6位ルーキー・田村伊知郎投手が秋山選手を空振り三振

埼玉西武ルーキーニュース

埼玉西武のドラフト6位ルーキー・田村伊知郎投手がこの日シート打撃に登板し、打者10人をノーヒット、WBC代表の安打製造機・秋山選手に対しては直球勝負し、内角低めの144キロで見事に空振り三振を奪った。

ドラフト6位

田村伊知郎投手は報徳学園の1年時から伸びあがるストレートなどが注目され、立教大では主にリリーフとして結果を残し、大学4年時は侍ジャパン大学代表の抑えのエースとして、日米大学野球では1戦目は1回無安打無失点、2戦目は2イニングを無安打無失点とパーフェクトに抑えた。5戦目は6回途中からの早めの登板で3回3安打1失点も4つの三振を奪い、2013年の日米大学野球でMVPに輝いた山崎康晃投手クラスの活躍を見せていた。

リーグ戦では先発として起用されるが、長いイニングではそこそこの投球で4年秋も6試合に先発、早稲田大戦では11三振を奪い勝利を挙げているが、4勝のうち2勝はリリーフ登板で挙げたもので、リリーフで登板すると145キロ前後のストレートとフォークボールの威力が増す。

この日は打者10人をノーヒットに抑え3つの三振を奪った。まだこの時期とはいえ、WBCに向けて仕上げている安打製造機の秋山選手から、インコースストレートで三振を奪った事は非常に大きい。

ドラフト会議では3位あたりで指名されてもおかしくないと思ったが6位での指名となり、西武にとってはラッキーな獲得だったかもしれない。先発候補としても期待されているようだが、どのポジションで起用されるか、そして大学時代からの上乗せなど、これからの実戦登板が非常に楽しみ。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

シート打撃で打者10人に対して無安打、3奪三振と好投。WBC日本代表に選出されている秋山には直球勝負で挑み、最後はこの日最速、内角低めの144キロで空振り三振に仕留めて開幕1軍をアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント