埼玉西武、ドラフト2位ルーキー・浜屋将太投手が紅白戦1回無失点

浜屋将太

埼玉西武のドラフト2位ルーキー・浜屋将太投手が紅白戦に登板し、1回をノーヒット1奪三振無失点に抑える好投を見せた。最速は144キロだった。

キレ抜群左腕

浜屋将太投手は樟南高校から三菱日立パワーシステムズに進み、3年目の昨年に都市対抗などで好投し、埼玉西武にドラフト2位で指名された。球速は140キロ中盤ながら、抜群のキレのある球を投げる。

1軍キャンプに参加している浜屋投手は、小学生の頃は地元に近い宮崎日南で行われているこのキャンプを見に来ていたが、今はそこで1軍キャンプのメンバーとして練習をしている。

この日は紅白戦に4回から初登板をすると、1アウトから山野辺選手に四球を与えたものの、けん制でアウトにした。続く森越選手を142キロのストレートで空振り三振を奪い、1回ノーヒット1奪三振1死球で追えた。

「真っすぐや変化球で打者がどう対応してくるか。いい球も悪い球もあって勉強になった」と話した。西口投手コーチは「先発でも楽しみだし、中継ぎだとワンポイントではなく1,2回もいける。チーム状況によってどちらでも」と話し、長いイニングを任せる形で戦力の構想に入っている。

この日は親族なども応援に来ていたという浜屋投手、地元から大きな舞台へと駆け上っていく。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ


PAGE TOP