阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司選手が都市対抗ばりの活躍で開幕勝利貢献

近本光司

阪神はオープン戦好調のドラフト3位ルーキー・木浪聖也選手を1番に、ドラフト2位ルーキーの近本光司選手を2番に入れる開幕スタメンを発表し、近本選手が昨年橋戸賞を獲得した都市対抗ばりの活躍を見せて勝利に貢献した。

攻守に躍動

2番センターで開幕スタメン出場を飾った近本光司選手は、結果で答えた。まず初回の守備、メッセンジャー投手がいきなり2本のヒットを浴びてノーアウト1,2塁のピンチを背負い3番・山田選手がセンター前にヒットを打つ。2塁走者の坂口選手が当然のように3塁を回りホームにを狙った。しかし、近本選手からのバックホームで本塁クロスプレーとなりアウトに、まずは守備で先制点を阻止して見せた。

そして1点ビハインドの6回、2アウトで1塁に木浪選手を置いて立った打席では、右中間を割る3ベースヒットを放ち同点に追いつく値千金のタイムリーを打った。外野の間を割る当たりは、昨年夏の都市対抗野球で何度も見せたもので、MVPに当たる橋戸賞を獲得した躍動感をこの日も見せていた。

そして延長11回、鳥谷選手が3ベースヒットで大きなチャンスを作ると、近本選手の打席でヤクルトの投手が暴投して鳥谷選手がホームイン。近本劇場の中で阪神が開幕勝利を手にした。

スタンドからは近本コールの大合唱が挙がった。初安打の球を手にした近本選手は「両親にあげます」と話した。都市対抗から身体能力的にも野球センス的にも、そしてチャンスに結果を残す力や運、持っている選手だったが、プロ初戦でいきなりそれをすべて発揮してみせた。

個人的には、野球太郎でセリーグの新人王に近本選手を挙げている。上茶谷投手やヤクルトの村上選手などがいる中での新人王獲得は非常に厳しい戦いになると思うが、やってくれそうな予感を十分感じさせるプロ野球デビューだった。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2018年のドラフト候補一覧

新聞記事

近本は攻守に躍動した。一回、先発のメッセンジャーが連打を許し、無死一、二塁のピンチを迎える。ここで山田の打球が中前に。二走・坂口が三塁を回ると、中堅・近本がバックホーム。ショートバウンドの返球を、捕手・梅野もがっちりと好捕した。坂口が左手で滑り込み、球審・山本貴は一度、セーフの判定。それでもホームに触れていなかったようで、梅野が再びタッチにいくと、アウトのコールが宣告された。

大阪ガス時代、都市対抗で優勝し、橋戸賞も受賞した逸材。最後の試合となった昨年11月27日のオーストラリア遠征は、阪神入団が決まっていたたため出場しない予定だったが…。「出たいです! 出させてください!!」。志願して代打で出場。空振り三振も、チームへの感謝と、自分なりのけじめをつけて、プロの世界へ飛び込んだ。


PAGE TOP