東北福祉大・千葉義浩選手が日本新薬へ、ドラフト指名漏れの雪辱バネに

日本新薬, 千葉義浩

 侍ジャパン大学代表でもプレーした東北福祉大の千葉義浩捕手、昨年のドラフト会議ではプロ一本に絞りプロ志望届けを提出したものの指名は無かった。この悔しさをバネに日本新薬からプロ入りを目指す。

大学屈指の捕手も

 千葉義浩選手は昨年秋の仙台六大学リーグでは打率.467を記録、またセカンドまでの送球は1.8秒台を記録するなど、強肩も打撃もある捕手として、また侍ジャパン大学代表としても捕手では明治大の坂本誠志郎選手と共に選出され、ハーレムベースボールウイークなどで戦うなど大学屈指の捕手としてプロのスカウトからも注目されていた。

 千葉選手も秋には進路をプロ一本に絞り、プロ志望届けを提出してドラフト会議での指名を待ったものの、まさかの指名漏れとなった。そこから進路を探し日本新薬の野球部に入部する事が決まった。

 

ドラフト後の成長を

 千葉選手はドラフト後から日本新薬の練習に参加して、「チームの野球に対する意識が高く、このチームに入れば自分も成長できると思った」と話している。

 かつて古田敦也選手が立命館大時代にドラフト指名間違いなしと評価されドラフト会議では大勢の記者の前で指名を待ったものの指名されず、「悔しくて恥ずかしい思いをした」と社会人のトヨタ自動車で成長を見せてプロ入りすると、プロ野球では2000本安打、野球殿堂にも入る活躍を見せている。

 千葉選手も何が原因でプロ入りできなかったのかを確認し、2年後のドラフト会議での指名を目指して、悔しさをバネに成長をしてほしい。

 

 ドラフト後は日本新薬の練習に参加。「チームの野球に対する意識が高く、このチームに入れば自分も成長できると思った」と話した。昨秋の仙台6大学リーグでは打率4割6分7厘で最高打率賞(首位打者)に輝いたが、一番の魅力は強肩。捕球から二塁ベースへの送球時間は、プロレベルの1秒8を誇る。


PAGE TOP