三重・長野勇斗選手が青学大、敦賀気比・岡田耕太選手が駒大の寮に入寮

青山学院大, 岡田耕太, 長野勇斗, 駒澤大

 昨年の甲子園で活躍した三重高の長野勇斗選手が青学大の、敦賀気比の岡田耕太選手が駒大の野球部の寮に入った。同学年のスラッガーで、巨人にドラフト1位で入団した岡本和真選手を目標にしている。

いつか岡本と

 青山学院大の寮に入った長野勇斗選手は、1年生から三重高校の3番など主軸やトップバッターとして活躍し、3年時は春・夏の甲子園に出場、夏は準優勝した。甲子園打率は.417を記録し、守備でも好捕でチームをけん引し、そのプレーにプロのスカウトも注目した。

 その長野選手だが、昨年のセンバツでは初戦で敗退をしている。相手は智弁学園、そしてその4番を打っていた岡本和真選手の印象が強く、4回に岡本選手が放ったセンター前ヒットに、その頃はショートを守っていた長野選手は一歩も動けず、「見たことも無い打球の速さで反応できなかった」と話している。

 そして長野選手は「いつか岡本君と一緒に舞台に立ちたい」と、4年後のプロ入りに向けてスタートを切った。

 

岡本をライバルとして

 また、昨夏の甲子園でベスト4まで勝ち上がった敦賀気比の強力打線、その中心にいたのが岡田耕太捕手で、高校通算36本塁打の打撃と、捕手として平沼翔太投手などをリードした経験を持つ。

 その岡田選手は駒大の寮に入寮した。岡田選手も同じ奈良県出身で同学年のスラッガー・岡本和真選手を意識し、「同学年で出身も同じ。正直、負けたくない」と話す。お互いにLINEで「お互い頑張ろう」と伝え合う仲で、岡本選手はプロで、岡田選手は大学で成長をしていく。

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

駒澤大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 昨夏の甲子園で主将、中堅手として準優勝に導いた長野は、昨年センバツ初戦では岡本の2発に敗れた。本塁打以上にショックだったのは、4回の中前打。遊撃を守っていた長野の右を痛烈なライナーが襲った。「見たことない速さの打球で、反応できなかった」。大学では内野に再挑戦。「注目されて打つのは、ホンモノだと思った。いつか岡本君と一緒の舞台に立ちたい」と衝撃の残像を追いかける。

  昨年末に無料通信アプリ「LINE」で、プロと大学で場所は違うが「お互い頑張ろう」とエール交換。「同級生で出身も同じ。正直、負けたくない」とライバル心は隠さない。高校通算36発の打撃を売りにする右のスラッガーは「どんどんアピールして春からベンチ入りしたい」と同じ舞台での活躍を夢見て練習に打ち込んでいく。


PAGE TOP