フェデックス、プロ注目185cm左腕・辻村亮介投手が好投、立教大に大勝

金井貴之, 立教大, フェデックス, 藤野隼大, 川満大翔, 堀江蓮, 辻村亮介

社会人野球のフェデックスが立教大とオープン戦を行い、16-1で大勝した。プロ注目の左腕・辻村亮介投手が1回ノーヒットで無失点に抑えた。

185cm変則左腕

フェデックスはこの日、片倉高校時代に147キロの速球を投げ、チームのエースとして強豪を相手に好投を見せる金井貴之投手が先発をすると、3回2安打1失点のまずまずの投球を見せた。金井投手大学卒2年目の昨年もドラフト候補に挙がったが、今年はさらに注目したい投手。

また185cmの長身左腕でサイドから140キロの球を投げる辻村亮介投手も4番手で登板し、1回を1四球ノーヒットで無失点に抑える投球を見せた。辻村投手は静岡大出身の投手でプロも注目をしている。

打線でも富士大で活躍した堀江蓮選手が加入すると、この日は3番DHで起用され2安打3打点を記録した。注目選手を多く集めるチームではないフェデックスだが、北信越地区で徐々に存在感を見せている印象がある。日本選手権には2015年に初出場しているが、今年は都市対抗も狙いたい。

立教大は5投手で15四球

立教大は主力投手が投げなかったものの、興南高校出身の2年生になる左腕・川満大翔投手が3回5安打3失点、また5投手で15四死球13安打を許して16失点に、溝口監督は「レギュラーを取れそうな選手が出てこれ。最悪のスタート」とおかんむりだった。

ドラフト候補捕手で主将の藤野隼大選手は、「紅白戦でもいい流れで来ていると思っていたが、投手が想定外の四死球が出て失点も多くなってしまった。負けてわかることもあるので、これからに生かしていきたい」と前を向いたが、厳しい今年も初戦となった。

フェデックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

フェデックスは、まだ都市対抗野球出場はないが、2年目となりプロにも注目される最速140キロ左腕の辻村亮介投手が4番手で1回1四球無安打無失点、先発した右腕・金井貴之投手が3回2安打1失点と納得できる投球を見せた。

先発した左腕・川満が3回5安打3失点など、計5投手で15四死球、13安打を許した。溝


PAGE TOP