東芝・岡野祐一郎投手のエースの投球を東京ヤクルトが絶賛

東芝, 岡野祐一郎

東芝のエース・岡野祐一郎投手は貫禄のピッチングだった。9回を投げてホームランの1点のみに抑え5安打1失点で完投した。

最速は146キロ

岡野祐一郎投手は昨年秋に、2つの悔しさを味わった。1つ目はドラフト会議で指名をされなかった事、そしてもう一つは日本選手権の2回戦でJR東海に打ち込まれ5回途中まで6安打2失点し、4回1/3で降板したこと。この日も「JR東海には去年打たれてますから。」と話していた。

最速149キロを記録する岡野投手だが、この日はストレートを140キロ前半から中盤に抑えた。それでも角度があり制球されたストレートに、得意のフォークやスライダーなど変化球を織り交ぜ7回まで0を並べていった。

8回にソロホームランを浴び、9回も2本のヒットで1アウト1,2塁のピンチを背負ったが、監督からの「代わるか?」の問いに「僕が投げます」と話し、このピンチを見事に抑えた。9回を投げて5安打2奪三振1失点、エースの貫禄の完投勝利だった。

岡野投手は球速はもっと出るものの、この日は審判が外角を取ったため、そこを有効に使うべく球速を落として打たせて取った。この日視察した東京ヤクルトの斉藤スカウトは「試合を壊したことなど見たことない。1~9回まで同じスピード。でもピンチでギアを上げる。球速だけが大事じゃない」と話し、完投した岡野投手にエースの姿を見ていた。

昨年にドラフト会議で指名されず、今年はフォームが変わった。大きく足をあげるフォームは、1年後輩のドラフト候補・宮川哲投手を参考にしたという。「年下だけど参考に出来るなら。プライドも何もない」と話し、今年のドラフト会議での指名を目指してがむしゃらに進んでいる。

岡野投手はプロに行っても全然かしくないし、先発ローテーションに入れる力も十分にある。ただし、若い投手が次から次へと出てきて、しかもプロは高卒3年目の若い投手を欲しがる傾向がある。そして社会人野球の投手は、何かを変えようと投球フォームがだんだん個性的になってくる事が多いが、岡野投手にもそういう雰囲気をやや感じさせた。このまま投げ続ければ社会人のレジェンドになることは間違いなさそうだが、一度、プロで投げる姿を見たいと心から思う。

都市対抗野球(2019)の出場チームと注目選手一覧
2019年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

ネット裏のスカウト陣も進化を感じ取った。「試合を壊したことなど見たことない。1~9回まで同じスピード。でもピンチでギアを上げる。球速だけが大事じゃない」。ヤクルト・斉藤宜之スカウトがうなった。


PAGE TOP