JR九州、都市対抗出場を辞退

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

JR九州は、都市対抗の予選大会の出場を辞退することを明らかにした。

スポンサーリンク

従業員や利用客への感染を防ぐため

JR九州の野球部は、今年度いっぱいの公式戦出場を自粛し、都市対抗野球の予選大会の出場も辞退することを決めた。従業員や利用客への感染を防ぐためとしている。

野中監督は「我々は会社あってのチーム。コロナに対する懸念がある以上、出場したいとは言えない」と話し、選手に対しても「この経験を乗り越えれば、心が成長し、技術の伸びにつながる。思い切ってやれるまで力を蓄えよう」と話したという。

JR九州では、打撃の良い萠拔哲哉選手などがドラフト候補として注目され、またルーキーとして川島隆志投手、鷲崎淳投手などが加わり注目されていた。

JR九州のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント