東京ガスの150キロ右腕・菅野秀哉投手が復活の2回零封

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

法政大で150キロの球を投げ、一時期エースとして活躍しリーグ通算18勝を挙げた菅野秀哉投手が、東京ガスで復活の2回無失点投球を見せた。

自粛期間にトレーニングし

菅野秀哉投手は小高工、法政大でドラフト候補として注目された183cmの本格派右腕で、角度のある球とフォークボールが武器の投手。大学時代は東京六大学でリーグ通算18勝、3年秋に5勝を挙げてドラフト上位候補と注目された。

しかし、4年時に春のリーグ戦で1勝5敗に終わると、秋も終盤にやや復活を見せたものの2勝3敗に終わり、プロ志望届を提出したもののドラフト会議で指名はなく、東京ガスに進んだ。

昨年も思うような投球ができずに結果を出せず、今年は大卒社会人2年目でドラフト指名解禁となるが、今のところドラフト候補として名前が挙がることはなかった。しかしこの日、JX-ENEOS戦で3番手で登板すると、146キロのストレートとフォークボールで2回2安打3奪三振無失点の好投を見せた。

新型コロナウイルスの影響でチームの活動自粛期間中に、ウエートトレーニングで体を作り直し、体重を86kgとした。「大学時代に88キロまで行きましたが、あれは太っただけ。今度は筋肉量が増えたと思う。調子も上がってきてます」と話す。

社会人野球は、今年はこれからシーズンが始まり、活動自粛期間中に大きく変わる選手もいる事から、プロのスカウトの評価も横一線スタートとなるかもしれない。都市対抗予選で素晴らしいピッチングを見せれば、巻き返しでのドラフト会議での指名となるかもしれない。

法政大の後輩が先日の東京六大学のリーグ戦で優勝をした。法政大は森田駿哉投手(Honda鈴鹿)、宮本幸治投手(引退)など、高校時に140キロ後半の速球を投げ、注目された選手が、大学で伸び悩むという事が多く、菅野投手もその一人だった。

しかし、今年の4年生の鈴木昭汰投手がリーグ戦で149キロを記録、高田孝一投手も154キロを記録すると、3年生の山下輝投手も150キロの球を投げ、活動自粛中に自主トレーニングで大きく力を増してきた。持っている潜在能力は非常に高い。

菅野投手も後輩に負けないポテンシャルを持っており、その力をいかんなく発揮したい。今年のドラフト会議には間に合わないかもしれないが、来年にスタートからドラフト候補として注目される立場になっていれば、それは非常に大きい。

2020年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

4~6月の全体練習自粛中にウエートトレで体重は約6キロ増量の86キロに。1メートル83から投げ下ろすボールに力強さが増した。「大学(法大)時代に88キロまで行きましたが、あれは太っただけ。今度は筋肉量が増えたと思う。調子も上がってきてます」。その間の投げ込みでフォームも固まりつつある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント