JR東日本・伊藤将司投手が3回4奪三振、日本ハムが評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

JR東日本の左腕・伊藤将司投手が、最速146キロを記録し、3回4奪三振の好投を見せた。

スポンサーリンク

7回から登板

伊藤将司はこの日は7回から2番手で登板すると、自己最速を1キロ更新する146キロを記録した。3回を投げて1安打無失点、4つの三振を奪う快投を見せた。

視察した北海道日本ハムの坂本スカウトは、「真っすぐが良かった。タイプは元巨人・杉内」と評価をしている。

伊藤投手は制球力の良さ、変化球の多彩さに、ストレートのキレが評価されており、今年は左腕投手の候補が基調となっているものの、今のプロの世界では、オーソドックスなフォームで最速が145キロだとやや不安を感じる所もある。

しかし、大学卒2年目で最速を更新し、プロでの更なる成長も期待させるこの日の登板となり、高く評価しながらもGOを出しにくかった球団も、指名にGOとなるかもしれない。非常に良い登板となったが、これをさらに続けたい。

2020年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

左腕・伊藤は7回から2番手で登板し、3回を1安打無失点。自己最速を1キロ更新する146キロを計測し4三振を奪った。日本ハム・坂本晃一スカウトは「真っすぐが良かった。タイプは元巨人・杉内」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント