都市対抗2日目、NTT西日本・安部建輝投手が4安打完封!

安部建輝, NTT西日本, 小島脩平, 住友金属鹿島

都市対抗2日目が行われ、NTT西日本・安部建輝投手が140kmのストレートとフォークボールでセガサミーを4安打6奪三振で完封勝利を挙げた。

安部投手は近大出身の3年目で、1年目から147kmをマークするなどNTT西日本のエースとして活躍、昨年もドラフト候補に挙がっていたが指名は無かった。オリックス、千葉ロッテなどがマークをしており、指名の可能性は十分にある。

また住友金属鹿島の小島脩平遊撃手も三菱重工名古屋戦で2安打を放ち、特に2回には50m5.7秒の俊足を生かしてホームに生還するなど自慢の足と巧打を生かした活躍を見せた。こちらもオリックスなどがドラフト候補に挙げている。

  •  - ” target=”_blank”>を見てください。

    震災でグラウンド内野のみ 住友金属鹿島復興への1勝 - 

    昨年大会では新人賞にあたる若獅子賞に輝いた小島は好走塁に加えて2安打の活躍。9番を務める脇役ながら、今秋ドラフトでオリックスなどが指名候補に挙げる24歳は「昨年は観衆の多さにびっくりしたけど今年はいいところを見せようと思った」と笑顔を見せた。 全文は


  • PAGE TOP