亜細亜大が推薦合格者を発表、浦添商・照屋光投手、下妻二・諏訪洸投手、大阪桐蔭・田端良基選手、水本弦選手などが合格

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 亜細亜大は推薦合格者を発表した。浦添商の150km右腕、照屋投手や大阪桐蔭の春夏連覇メンバー、田端選手、水本選手などが合格した。

 浦添商・照屋投手は180cm80kgで151kmの速球を投げ、甲子園で登板も果たした。制球難など課題も多いが、沖縄出身の先輩、東浜巨投手を目指したい。沖縄尚学からは山田投手、上間選手も合格している。下妻二・諏訪投手は168cmと小柄で最速も139kmながら、伸びるストレートにプロも注目した投手。

 野手では大阪桐蔭から田端、水本、妻鹿の3人の春夏連覇メンバーが合格し、田端選手はセンバツでは初戦の花巻東戦で大谷翔平投手から3安打4打点も死球で骨折してしまう。夏の甲子園では2試合連続ホームランを放ち、18U世界選手権にも出場した。水本選手はその大阪桐蔭の主将として、また18U日本代表の主将としてチームを引っ張った。夏の大会では6割を越える打率を記録した。

 高知・法兼選手は173cmと小柄だが高知屈指のスラッガーとして注目された。高知大会でも準々決勝、準決勝と2試合連続ホームランで勝ち上がったが、決勝の明徳義塾戦では6打席で5四死球と勝負を避けられ、甲子園出場はならなかった。

ポジション名前高校
投手中島新太育英
照屋光浦添商
山田義貴沖縄尚学
伊藤奏輝豊田大谷
野沢勇吾旭川大高
諏訪洸下妻二
捕手宗接唯人神戸国際大付
佐渡友怜王報徳学園
中川涼太崇徳
内野手妻鹿聖大阪桐蔭
法兼駿高知
木浪聖也青森山田
宮崎一斗帝京三
田端良基大阪桐蔭
上間祐輔沖縄尚学
吉川尚輝中京
知念勇弥大商大堺
伊集院匡人帝京
外野手水本弦大阪桐蔭
森田恭平京都翔英
安積洋佑岡山理大付

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント