侍ジャパン大学代表がプロ選抜と6月29日に壮行試合!

大学野球ドラフトニュース プロアマ交流戦 侍ジャパン

 7月1日から韓国で開催されるユニバーシアードに参加する侍ジャパン大学代表が、6月29日に神宮球場でプロ選抜と壮行試合を行うことが、日刊スポーツに報じられている。

ドラフト注目の逸材が揃う

 侍ジャパン大学代表は一次候補が既に発表されている。ユニバーシアードに出場する侍ジャパン大学代表の1次候補メンバーを発表 

 今年のドラフト上位候補、明治大・上原健太投手や高山俊選手、駒大・今永昇太投手、慶大・谷田成吾選手、立教大・大城滉二選手、青山学院大・吉田正尚選手や、その他にも帝京大・西村天裕投手、東海大・吉田侑樹投手、明治大・坂本誠志郎捕手、慶大・横尾俊建選手、国学院大・柴田竜拓選手、などプロのスカウトが注目をしている選手が目白押しだ。

 また、創価大田中正義投手、神奈川大・濱口遥大投手、立教大・佐藤拓也選手、東洋大・笹川晃平選手といった、大谷・藤浪世代の来年のドラフト注目選手も揃っている。

 

過去2度開催、シーズン中の開催

 大学日本代表vsプロ選抜の試合は近年では2度行われている。1回目は2009年11月に、大学代表vsU26代表として、大学側は斎藤佑樹投手、澤村拓一投手、東浜巨投手などが登板し、プロ側も広島・前田健太投手、ヤクルト・由規投手などが登板して話題となった。

 また2010年7月には、大学代表vsフレッシュ選抜として、大学側は藤岡貴裕投手、野村祐輔投手、菅野智之投手などが登板、プロ側は横浜DeNA・筒香嘉智選手、広島・堂林翔太選手などが出場している。

 今回は5年ぶりの開催となり、プロ側はシーズン中とあってファームでプレーする若手選手が出場する事になる。大学代表と同世代の選手となりそうで、大学4年生世代ならば2011年のドラフト会議で指名された高校卒選手から、東京ヤクルトの川上竜平選手、巨人の松本竜也投手、阪神の歳内宏明投手や松田遼馬投手などが、大学3年生世代ならば2012年のドラフトで指名された高校卒選手の中から、阪神の北條史也選手、千葉ロッテの田村龍弘捕手、埼玉西武の相内誠投手、オリックスの武田健吾選手などが選出されそうだ。

 プロ選抜は早い段階でメンバーが選出されると思うが、シーズン中という事もあり6月29日には1軍に昇格していない事が確実な選手が選ばれる事となりそうだ。埼玉西武の森友哉選手なども含めて今年は1軍の戦力となっていそうな選手も多く、2013年ドラフト指名選手の中日の鈴木翔太投手や東北楽天の内田靖人選手、巨人の田口麗斗投手、2014年の安楽智大投手や高橋光成投手なども1軍で投げている可能性も無くは無い。

 プロ側の選抜チームに注目したい。

ユニバーシアードに出場する侍ジャパン大学代表の1次候補メンバーを発表 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2011年ドラフト会議指名結果 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2012年ドラフト指名結果 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2013年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 

大学日本代表vsヤング侍  日刊スポーツ紙面 2015/2/8

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント