富士大の186cm右腕・上島迅翔投手が9回2安打8奪三振2失点

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

富士大の3年生で186cm右腕の上島迅翔投手が、八戸学院大との2回戦でリーグ戦初先発し、完投勝利を挙げた。

186cm右腕

上島迅翔投手は修徳高校出身で、186cmの右腕投手として注目されている。2年秋までは球速を求め、ストレートで押すスタイルを目指していたが、「直球がそこまで速くなかった」と話し、球速は140キロまでしか出なかった事から、先輩の和田悠佑からツーシームを教わり、変化球で打たせて取るスタイルに変えた。

すると、それによって「真っすぐが生きるようになった」と話し、ストレートでも三振を奪えるようになった。

この日は初回に先頭打者ホームランを浴びたものの、その後はしっかりと抑え、9回には三者三振で締めるなど、9回2安打8奪三振、2失点で完投勝利を挙げた。リーグ戦初先発、初完投勝利。

小野泰己投手が抜けた中で、3年生投手に注目が集まっているが、その中で一人、上島投手が一本立ちの気配を見せた。来年にはドラフト注目と言われる投手になっていてほしい。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今までは直球で押すスタイルだったが「直球がそこまで速くなかった」と諦め、昨秋から打たせてとる投球に転じた。先輩の和田悠佑(現日本通運)からツーシームを教わり「真っすぐが生きるようになった」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント