立教大、プロ志望届未提出の田中誠也投手が完投、藤野隼大捕手が2点打

立教大, 田中誠也, 藤野隼大

立教大は早稲田大の1回戦に勝利、プロ志望届を出さなかった田中誠也投手が2失点完投で勝利し、藤野隼大捕手が2点打を放った。

プロ志望届出さず

田中誠也投手は「プロになろうと思って頑張らないとうまくならない。2年後に勝負したい」と話し、プロ志望届は提出せずに社会人に進むことを決めた。その田中投手は大学最後となる秋のリーグ戦の、この日の早稲田大1回戦で先発すると、テンポよく丁寧に配球するピッチングで9回を投げて8安打9奪三振2失点に抑えて完投勝利した。「最後までマウンドにいたい気持ちがあった。ある程度、高低、左右に投げ分けられた」と納得のピッチングだった。

これで明治大のエースで17日のドラフト会議で広島の1位指名された森下暢仁投手にならぶリーグ通算15勝を挙げた。ドラフト会議はチェックしていたといい、2年後のプロ入りにむけ、先にプロ入りをするライバルの姿を見ていた。

また立教大では、藤野隼大捕手も、慶応大・郡司裕也捕手などと共にプロ注目捕手だった。その藤野選手はこの日、6番キャッチャーで出場すると、初回に相手を突き放す2点タイムリー2ベースヒットを打った。4打数2安打2打点の活躍だった。

藤野選手は「自分はまだ、という意識で志望届を出さなかった。同じ六大学の選手が指名されて、ここから頑張って自分も、という気で見ていた。」と話し、やはりドラフト会議をチェックし、社会人でプレー後にプロ入りを目指す。しかし「今はとにかく、ウチがやりたい野球ができて勝っているので、残りも勝ち続けたい」と話した。

1年の時からチームを引っ張った田中投手、そしてその田中投手をりーどした藤野選手、プロ入りの夢はいったん置き、残り僅かな大学野球のリーグ戦を全力で戦う。

プロ志望届を出さなかった注目大学生(2019)

大学屈指の左腕はプロ志望届を提出せず、社会人に進む。17日のドラフト会議はチェックしており「プロになろうと思って頑張らないとうまくならない。2年後に勝負したい」と成長を期した。

藤野はプロ志望届を提出せず、17日のドラフト会議はテレビで見ていた。「自分はまだ、という意識で志望届を出さなかった。同じ六大学の選手が指名されて、ここから頑張って自分も、という気で見ていた。今はとにかく、ウチがやりたい野球ができて勝っているので、残りも勝ち続けたい」と意気込んだ。


PAGE TOP