149キロ右腕、福山大・山崎友輔投手に巨人が視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

中国六大学リーグが開幕し、福山大の149キロ右腕・山崎友輔投手を巨人のスカウトが視察した。

熱中症の症状

山崎友輔投手はこの日、環太平洋大戦に先発すると、最速149キロを記録し、4回まで無失点の好投を見せていた。しかし5回に変調、1アウトから2本のヒットと自らの送球ミスなどで4点を失った。

ベンチに下がると熱中症の症状が確認され、この回で降板し、試合中に救急車で病院に搬送された。蔵田監督は「受け答えができる状態。初戦にかける思いが強かった分、それが出てしまったのかもしれない。」と話した。

この日は巨人の岸スカウトが視察をしているが、「全身を使って投げられるところが魅力。伸びしろを感じる」と評価していた。

状態が戻ることを強く祈りたい。熱中症も恐怖感が残ることもあるそうだが、影響なく次のマウンドで登板し、スカウトの前で149キロ、それ以上の球を見せてほしい。

2020年度-中国地区大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

山崎はベンチに下がったあと、熱中症の症状があったため、試合中に救急車で病院に運ばれた。巨人、ソフトバンクが視察に訪れ、巨人の岸スカウトは「全身を使って投げられるところが魅力。伸びしろを感じる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント