札幌学院大の148キロ左腕・近藤廉投手に6球団から調査書

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

札幌学院大の148キロ左腕・近藤廉投手に、6球団から調査書が届いていることが分かった。

スポンサーリンク

大学で148キロ左腕に成長

近藤廉投手は、東京の豊南高校出身。この時は135キロを記録するなど力はあったものの、3年生の夏も城西大城西に初戦で敗退した。高校で野球を卒業するつもりだったが、この敗戦が納得いかず、声をかけられていた札幌六大学2部の札幌学院大の練習に参加し、そのまま入学をした。

入学時は73kgだった体重を、トレーニングで強化すると現在は87kgまでになった。それにつれて球速もアップし、大学2年生で常時140キロを投げられるようになった。そして、3年秋からの就職活動も「就職浪人しても1年違うだけ。焦らなくていい」と、就活をせずにプロ入りにかけた。

今年は春のリーグ戦が無くなってしまい、秋も入れ替え戦が無く、1回戦総当たりでわずか5試合となった。しかし、5試合中2試合で完投し、2試合でリリーフ登板をし、球速も1キロ更新する148キロを記録、プロのスカウトも注目する存在となり、6球団から調査書が届いている。

「やることをやって結果を出せば、見てくれる人がいるんですね」と話す近藤投手。札幌学生リーグ2部からのプロ入りとなるか注目される。

2020年度-札幌学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
「プロは関係ない世界と思っていた」札幌学院大148キロの無名左腕に6球団から調査書
高校でも大学でも全く無名だった左腕が26日のドラフト会議を心待ちにしている。札幌学生野球連盟2部に所属する札幌学院大の近藤廉投手(4年)。東京・豊南高3年夏は東東京大会1回戦で敗退したが、札幌学院大進学後に体重が14キロ増え、球速も13キロアップ。最速148キロ左腕の元には6球団から調査書が届いている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント