共栄大の小向直樹投手、プロ入りへ「155キロを出したい」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

共栄大で最速151キロの速球を投げる小向直樹投手が、プロ入りに向けて「155キロを出したい」と意気込みを見せた。

スポンサーリンク

大学初のプロ野球選手へ

小向直樹投手は185cmの本格派右腕で、最速151キロの速球を投げる投手として、今年のドラフト候補として注目される。昨秋の関東地区大学野球選手権でも白鴎大戦で8回3安打10奪三振無失点の好投を見せた。

肘を伸ばして腕を振るアーム式だが、変化球もしっかりと腕を振って投げられる。昨秋の大会で中日の正津スカウトは「直球も変化球も同じように腕が振れる」と話し、巨人の野間口スカウトも「今大会を通じて成長している。投げっぷりも良いし、負けん気の強さも見える」と評価をしている。

その小向投手はこのオフに昨年秋から5kg増の82kgまで体重を増やし、球速のアップを目指している。そして、「プロ入りを目指してやっています。大学ラストシーズンは全国大会に出場したい。個人的には、自己最速155キロを出したいと思っています」と目標を話した。

桶川高校では無名の存在だったが、共栄大で大きく成長し、大学初のプロ野球選手誕生の期待を受ける投手になった。新井監督も「春季リーグの結果が、彼の人生にかかわると思う」と話す。春の東京新大学リーグは、創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手や東京国際大の148キロ右腕・重川恵詩投手などがおり、大勢のスカウトが視察に訪れると思う。

その目の前で155キロを突破するような投球を見せれば、投球フォームに不安を持つスカウトも、プロでもやっていけると判断するようになりそうだ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋ドラフト注目の最速151キロ右腕、共栄大・小向直樹投手(3年=桶川)が、同大学初のプロ野球選手を目指す。18日、埼玉・春日部市内のグラウンドで練習。「プロ入りを目指してやっています。大学ラストシーズンは全国大会に出場したい。個人的には、自己最速155キロを出したいと思っています」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント