天理大・井奥勘太投手が7回1安打完封、オリックススカウト「投球の幅が広い」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

阪神大学野球リーグが開幕し、天理大の左腕・井奥勘太投手が7回1安打の好投で完封した。

スポンサーリンク

最速143キロ

井奥勘太投手は171cmの左腕投手だが、腕が長くしなやかに振られ、最速145キロのキレの良い球と多彩な変化球を投げる。今年3月6日には阪神2軍とのプロアマ交流戦で5回2失点と結果を出していた。

この日も非常に安定した投球を見せた。最速は143キロだが、チェンジアップ、カーブ、スライダーなどを織り交ぜ、7回を投げて許したヒットは内野安打1本のみ。チームもコールドで勝利し、7回1安打完封で初戦の白星を手にした。

藤原監督も「慎重に投げていました。もう少しスピードも出る。あの体のわりにインコースを突ける投球をする。出どころが見にくい。腕の振りより球が来ている」と、更にスピードが出ると話した。

この日視察したオリックスの内匠スカウトは「自分の持ち味をきっちり出して良い形の投球をできた。右打者へのチェンジアップと左打者へのスライダーでうまく自分のパターンの抑え方を持っている。カーブもあるし、投球の幅は広い」と、投球の内容を評価している。

「ストレートで全力でいって、差し込むファウルも多く取れたのは収穫。プロを目指して、毎日練習しています」と話し、プロ入りを目指す井奥投手、昨年、広島にドラフト2位で指名された森浦大輔投手に続いて行けるか、注目したい。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
天理大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

藤原忠理監督(55)も「慎重に投げていました。もう少しスピードも出る。あの体のわりにインコースを突ける投球をする。出どころが見にくい。腕の振りより球が来ている」と信頼を寄せる。172センチと小柄だが小気味よい。指に掛かった速球にはキレがあった。オリックス内匠政博スカウトも「自分の持ち味をきっちり出して良い形の投球をできた。右打者へのチェンジアップと左打者へのスライダーでうまく自分のパターンの抑え方を持っている。カーブもあるし、投球の幅は広い」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント