静岡大の148キロ右腕・井手駿投手と石田雄大投手、「育成でもプロに行きたい」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

静岡大からプロ志望届を提出した井手駿投手と石田雄大投手は、ともに最速148キロの速球を投げる。

スポンサーリンク

育成でも

石田雄大投手は刈谷高時代に140キロの速球を投げており、大学では148キロまで球速を伸ばした。ストレートを中心に押す投球が持ち味。

井手駿投手は高蔵寺高時代は133キロだったが、大学に入って148キロまで伸ばした。変化球とストレートのコンビネーションで抑える。

二人はプロ志望届を提出市、先日公示された。「どの球団というのはない。育成でもプロに行きたい」と話す。

9月18日にリーグ戦が開幕予定となっている。石田投手は「アピールの場。優勝を目指してしっかり投げきりたい」と話し、井手投手も「チームの結果だけでなく、個人の結果も出したい」と話した。

ともに持ち味と球威をアピールし、W指名を目指したい。

2021年大学生プロ志望届提出選手一覧
2021年の大学生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴を簡単に紹介します。9月17日に9名が掲載され、合計83名になりました。
2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

県学生野球リーグ静岡大の石田雄大(ゆうた)投手と井手駿(はやお)投手(ともに4年)の両右腕が10日、プロ志望届を提出した。大安のこの日、東海地区大学野球連盟を通じて、全日本連盟に提出。2人は「どの球団というのはない。育成でもプロに行きたい」と、思いを込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント