森友哉

No Image
 埼玉西武の森友哉捕手が、3月10日、11日に欧州代表と強化試合を行う侍ジャパンの候補に挙がっているようだ。高校日本代表として2年連続で侍ジャパンのユニフォームを着た森選手が、再びユニフォームを着る。

履正社, 東海大相模, 小笠原慎之介, 吉田凌, 永谷暢章

No Image
 ZAKZAK(夕刊フジ)のサイトでは、県岐阜商・高橋純平投手を始め、今年のドラフト注目投手、センバツの注目投手を挙げている。その中で東海大相模の吉田凌投手を横浜DeNAが密着マークしていると載せている。

高橋純平, 県岐阜商

No Image
 センバツに出場する県岐阜商の高橋純平投手、昨年秋の東海大会でスカウト達が高い評価をした。人柄やピッチングの巧みさにも注目されている。

諸積怜, 駒澤大

 流通経済大柏高校で50m5.8秒の足で、1番センターとして活躍してプロのスカウトからも注目された諸積怜選手が駒澤大学に入学する。父は千葉ロッテの諸積スカウト。

北村祥治, 亜細亜大

No Image
亜細亜大の北村祥治選手は中学、高校、大学とショートやセカンドを守ってレギュラーで活躍を見せ、高校時も、そして大学3年時までもプロのスカウトの高い評価を受けてきた。その北村選手が4年生となる今年、捕手に転向する。

島袋洋奨, 東浜巨, 藤浪晋太郎, 小島和哉, 福島孝輔, 吉永健太郎

No Image
 昨年のドラフト会議では、興南高校で甲子園春・夏連覇を達成したエース・島袋洋奨投手が福岡ソフトバンクのドラフト5位で指名された。甲子園優勝投手とドラフトについて、まとめてみる。

野村亮介

 合同自主トレでまだブルペン入りしていなかったドラフト1位ルーキーの野村亮介投手が、ブルペンで34球の投球を行うと、周囲の評価もアップした。

江越大賀

 阪神のドラフト3位ルーキー・江越大賀選手が自主トレで初のフリー打撃を行い、125mのサク越え弾を見せるなど力を見せた。担当スカウトは謙虚に江越選手の活躍を期待した。

峯本匠, 坂本憲吾

No Image
 昨年夏の甲子園で優勝を果たした大阪桐蔭の主軸、峯本匠選手が立教大の寮に入寮した。

野村亮介, 山崎康晃, 横山雄哉, 岡本和真, 野間峻祥, 竹下真吾

No Image
 セリーグは3月23日に東京ビッグサイトでファンミーティングを行う事を発表した。6球団ドラフト1位ルーキーも参加して毎年行われている恒例のイベントとなっている。

スポンサーリンク
PAGE TOP