東北楽天のドラフトの狙い(2019)

2019年度の12球団のドラフトの狙い。東北楽天編です。

チーム状況

〇タイプ:バランス型、即戦力型も1位は高校生優先
〇監督:外野手出身
〇決定者:石井一久GM
〇補強ポイント:主軸打者、先発投手、リリーフ投手
〇近況:後関氏がスカウト部長に就任、星稜・奥川投手、創志学園・西投手などBIG4に注目

東北楽天は2009年以降、ドラフト1位で野手を指名したのは2015年のオコエ瑠偉選手1人だけだったが、昨年は1位で藤原恭大選手を指名、外れ1位でも辰己涼介選手を指名し、久々の野手の1位指名となった。また2011年までは社会人、大学生の1位指名だったが思うような結果が見られず、2012年から2016年は高校生を指名、2017年、2018年は大学生の1位指名となったものの、1回目の入札は清宮幸太郎選手、藤原選手と高校生を指名している。下位指名は各ポジションをバランスよく指名している。

星野副会長が昨年に亡くなり、チーム作りやフロントの中心が無くなった状態でシーズンを過ごした。それでも長島スカウト部長を中心にスカウト活動をしっかりと継続させると、秋には石井GMが就任し、ドラフトまでの時間の少ない中でも石井GMの方針にかなった選手を指名できた。長島スカウト部長がファームディレクターに就任し、スカウト部長には後関氏が就任する。

石井GMはチームの補強ポイントを分析し、これまでのとらわれる事なく1位で外野手、2位で捕手を指名、3位以降も将来性のある投手などをバランスよく指名、自ら左腕投手だったこともあり、左投手を自分の感覚で見極めて、弓削投手、佐藤投手を高く評価して指名、また下位では他球団の指名がなかった渡邉選手、小郷選手、鈴木投手をポジション別に次々と指名した。特に弓削投手、佐藤投手などにはGM自身が非常に高い評価をしており、この二人がプロで活躍すれば、やはり石井GMの目は確かという事になりそうだ。

昨年は、前年に12球団屈指の投手陣で2位となったものの、打高投低の流れに押されてか、または星野氏がいなくなったことの不安定さもあってか、序盤から出遅れた。梨田監督が早い段階で退任し平石監督代行が務めたが、監督就任から80試合を指揮して37勝41敗、序盤に比べれば持ち直したものの、これから勉強をしていくという感じだろう。三木谷オーナーからの現場への介入が取り沙汰されており、それは非常に大きなマイナスである。星野氏でも大久保監督を守れず、梨田監督時代でも現場介入を許し田代コーチが辞任をした。石井GMが30代の若い監督を守れるか。

ポジション

捕手:嶋(ほぼ固定)、山下、安達、堀内、石原
一塁手:銀次、今江(ここまででほぼ固定)、内田
二塁手:藤田、銀次(ここまでが主)、山崎、渡辺、西巻、村林
三塁手:ウィーラー、今江、内田
遊撃手:茂木(主)、西巻、村林、山崎、三好
外野手:岡島、島内、田中、ペゲーロ(ここまでが主)、ディクソン、オコエ、岩見、八百坂、桝田、聖澤

先発投手:則本、岸、辛島(ここまで固定)、藤平、古川、美馬、塩見、池田、安楽、近藤、
リリーフ投手:松井、青山、高梨、ハーマン、宋(ここまで主)、久保、菅原、福山、森原

投手陣は則本投手と岸投手の12球団屈指の2枚看板、則本投手は良くなかったものの10勝11敗と踏ん張り、岸投手は11勝4敗とさすがの成績だった。ただし、これに続く辛島投手、塩見投手、美馬投手などが一昨年から成績を落とし、若い藤平投手も4勝7敗、古川投手も4勝9敗と負け越した。その則本投手は東京オリンピックへの出場を目指し、2020年までは在籍することを明言しているが、メジャーも大いに注目している投手で、2020年オフでのメジャー移籍が噂される。

またリリーフでは高梨投手は70試合に登板してよい働きを見せたが、リリーフエースの松井投手は8敗でわずか5セーブと大きく崩れ、中継ぎ、そして終盤には先発をするなど安定しなかった。青山投手、ハーマン投手、宋投手が頑張ったものの、一昨年にルーキーで活躍した菅原投手、森原投手も2年連続での活躍は見せられなかった。ルーキーの近藤弘樹投手、渡辺佑樹投手などの今年の活躍はなかった。そもそも近藤投手は将来のエース候補として獲得をしており、1年目はそれほど期待されていなかったとみられる。ファームでは目を引く投球を見せており、2年目の飛躍が期待される。

センターラインでは、課題だったショートに一昨年に茂木選手が入り、特に打撃で大きな活躍を見せた。しかし、投げるほうの負担によって故障して離脱、昨年はショートに復帰したものの打率.247と成績を落としてしまう。ショートの守備力はそれほど高い方ではなく、打てるショートという事でなければ無理にショートを守らせる必要はない。肩の不安も考えるとサードにした方がよいかもしれない。茂木選手が抜けた事で、昨年のシーズン終盤は再びショート不在の状況となり、西巻選手、村林選手、山崎選手などが入れ替わり出場する状態となった。

捕手も嶋選手、足立選手がいたが、ソフトバンクから山下選手を獲得し、終盤には堀内捕手もマスクを被るようになった。それでも決めてとはならなかったようで、ドラフト2位で大学生捕手の太田光捕手を獲得した。太田選手は打撃のある選手で、打撃面での貢献が期待される。

打線では、一昨年の快進撃を支えた外国人選手が相次いで成績を落とし、長期にチームを支える日本人の主軸不足を改めて感じさせられた。和製大砲はチーム創成期からの課題となっているが、清宮選手などを獲得できなかったり、なかなか育ってこない状態が続いている。それでも内田選手は12本塁打を記録、また一昨年のドラフト2位・岩見雅紀選手は、1軍では12試合24打数でノーヒット14奪三振と結果を残せなかったものの、ファームでは14本に42打点、打率.284と結果を残しており、1軍の壁を突破できるかどうか。

島内選手、銀次選手、そして今江選手が力を見せ、田中和基選手が18本塁打と急成長を見せ新人王を獲得、新時代の外野手として名乗りを上げた。そしてドラフト1位ルーキーの辰己選手が加わり、1番から3番は固まりそうな気配がある。4番以降をどのようにしていくのかが課題となる。

ドラフト指名候補は

大谷翔平投手が北海道で大きく成長したことは、地元のファンにとってもうれしくもあり獲得できなかったことの残念さも感じさせた。189cmから157キロを記録する地元の大船渡・佐々木朗希投手は外せないだろうし、田中投手、則本投手のエースの系譜を受け継ぐ投手としてもぜひ指名をしたいところ。奥川恭伸投手や及川雅貴投手、西純矢投手もいるが、まずは佐々木投手に突撃したい。

昨年のドラフトで野手を1,2位指名しており、ドラフト1位は投手にこだわるか、それとも野手中心なのか石井GMの考え方がまだ分からないが、投手という事になると、佐々木投手を逃したときには明治大・森下暢仁投手、東海大・原田泰成投手、JR東日本の太田龍投手、東海理化・立野和明投手、左腕のJFE西日本の河野竜生投手といった投手も名前が挙げられ、他にも木更津総合・根本太一投手、日大三・井上広輝投手、広沢優投手、有明の浅田将汰投手、社・藤本竜輝投手、興南・宮城大弥投手もあげられる。

また4番を打てる選手としてはパナソニック・片山勢三選手が長打力はNO.1だと思うが、右で守るとすると一塁やレフトという事になると岩見選手と重なってしまう。今年の岩見選手次第では指名にいくかもしれない。また左では国際武道大の勝俣翔貴選手がいる。サードを守れるが肩も強く外野にも入れる。ただし外野手は層が厚くなっているのでサード、内田選手とポジションを争っていく事になる。またその内田選手の後輩で右のスラッガー・菊田拡和選手や、東邦の石川昂弥選手、智弁和歌山の黒川史陽選手、酒田南の伊藤海斗選手、山梨学院・野村健太選手、履正社・井上広大選手なども獲得できれば将来が楽しみになる。

課題のショートも指名がありそうだ。日本通運の諸見里匠選手、大阪ガスの小深田大翔選手などは即ショートに入れる可能性がある。ただし守備では西巻選手のうまさが光るので、打撃のある選手として早稲田大の檜村篤史選手、近大・中川智裕選手などがあげられるかもしれない。また高校生でも八戸学院光星・武岡龍世選手、花咲徳栄・韮澤雄也選手、桐蔭学園・森敬斗選手、駿河総合・紅林弘太郎投手、東邦・熊田任洋選手などを、西巻選手のライバルとして指名したい。

やや苦しんでいるリリーフ陣では、東北福祉大の津森宥紀投手が取れれば安泰レベルの入ってくるかもしれない。他にもやや横から力のある球を投げる明治大・伊勢大夢投手、抜群の球速を見せる日体大・北山比呂投手、立命館大・福島滉貴投手、近畿大・村西良太投手は、プロでも力のあるリリーフとして1年目からチームに貢献しそうだ。

捕手は太田選手を獲得したものの、指名は今年もあると予想、特に高校生が優先されると考えられ、近江・有馬諒選手、智弁和歌山・東妻純平選手などが挙げられる。ただし昨年の侍ジャパンで辰己選手とともに強肩外野手としての力も見せた佐藤都志也選手は打撃があり、捕手または外野手として期待される。また地元・仙台育英出身の慶応大・郡司裕也選手は、2015年に平沢大河選手を獲得できなかった事から欲しい選手。他にも東海大の海野隆司選手選手なども挙げられる。

石井GMは昨年のドラフトで結果として東北出身の佐藤投手、鈴木投手を指名したが、吉田輝星投手を優先させることなく、現実的な指名を続けている。それでも地元に良い選手がいれば指名がありそうで、羽黒の篠田怜汰投手、日大山形の渡部雅也捕手、酒田南の伊藤海斗選手、仙台大の大関友久投手と小林快投手、TDKの小木田敦也投手などはリストに入ってきそうだ。地元という事だけでなく、力も実績もある選手として獲得をしたい選手。

1位、2位指名予想

  1位 2位
パターン1 佐々木朗希 片山勢三
パターン2 佐々木朗希 佐藤都志也
パターン3 太田龍 津森宥紀

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト会議
2019年のドラフト候補


PAGE TOP