埼玉西武、1位は即戦力投手、福岡ソフトバンクは武田翔太投手を単独指名へ!

藤岡貴裕, 東洋大, 北方悠誠, 唐津商, 武田翔太, 宮崎日大

埼玉西武は編成会議後に鈴木編成部長が「ローテーションの投手はいくらでも必要」と即戦力投手を1位指名する事を示唆した。東洋大・藤岡貴裕の指名となりそうだ。

福岡ソフトバンクは宮崎日大・武田翔太投手を単独指名できる可能性が高くなった。全体的に高校生の指名を検討しており、唐津商・北方悠誠投手を2位指名、3位以降でも海星・永江恭平選手や九州国際大付・高城俊人、三好匠、波佐見の松田遼馬投手など九州に逸材がたくさんいる。

 - ” target=”_blank”>をご覧ください。

“九州のダル”武田を1位指名…ソフトバンク - 

 ソフトバンクは東京都内のホテルで編成会議を開き、宮崎日大高の大型右腕、武田の1位指名を決めた。王球団会長は「九州の選手ですし、向こうも望んでくれていると思う」と話した。全体的に即戦力よりは素材を重視し、高校生中心の指名となりそうだ。 をご覧ください。


PAGE TOP