東京ヤクルト、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を1位指名

藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

 東京ヤクルトはスカウト会議を開き、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を1位指名することを決定した。

 東京ヤクルトは9月25日のスカウト会議で、ドラフト1位候補を、東海大・菅野智之、亜大・東浜巨投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎、花巻東・大谷翔平、東福岡・森雄大の5投手に絞り込んでいたが、この日、この中から藤浪晋太郎投手を指名することを決めた。

 藤浪晋太郎投手には阪神、オリックスが既に1位指名を決めており、北海道日本ハム、広島、横浜DeNAが1位の最終候補に残している。既に3球団の指名競合が決まった藤浪投手がどこに入るのか、ドラフト会議当日の抽選に運命がかかる。

 

 

 ヤクルトは9日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、大阪桐蔭高・藤浪晋太郎投手(18)の1位指名を決定した。衣笠剛球団社長兼オーナー代行(63)が明言した。今年の甲子園で春夏連覇、国体との3冠を達成した右腕には、阪神、オリックスが1位指名の方針を固めている。同オーナー代行は「高校を出たばかりでも、即戦力として起用できる」と説明した。

ドラフト1位は藤浪に決定 - ニッカンスポーツ・コム:2012/10/09

  ヤクルトは9日、都内でスカウト会議を開き、ドラフト1位は大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(3年)に決定した。


PAGE TOP