147キロ左腕、関西大・高野脩汰投手に阪神スカウト「これからが楽しみ」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神の渡辺スカウトは、最速147キロの速球を投げる関西大・高野脩汰投手について「これからが楽しみな投手」と評価した。

春は乱調気味も

高野脩汰投手は183cmの左腕投手で、最速は147キロを記録する。昨年秋のリーグ戦では8試合に登板して防御率1.01、53回1/3で56個の三振を奪い、4勝0敗の成績でチームに優勝をもたらしMVPを獲得した。ダイナミックなフォームからのストレートが魅力。

しかし、そのリーグ戦後半から左ひじに違和感があり、明治神宮大会では準決勝の東海大戦で1イニングに登板して1失点、決勝の慶応大戦でも1イニングを投げて2失点と思うような投球ができず、昨年12月後半に全体練習に復帰をしたものの、2月中旬から約1カ月は登板をせずに調整していた。

3月24日のカナフレックスとのオープン戦で、スカウトも見守る中で久々の登板をしたものの、3回を投げて3安打4失点と乱調だった。それでも阪神の渡辺スカウトは「いい真っすぐを投げるし、2種類で三振を取れるのは面白い。これからが楽しみな選手」と評価していた。

調整が遅れていたものの、春のリーグ戦が早くても6月6日以降に延期され「まだ練習ができる。良かったと思ってケガしない体づくりをしています」と話し、リスタートに向けてトレーニングをしている。

春のリーグ戦は1試合総当たりやトーナメントで行われる事になるかもしれない。その時には、エースの存在が大きくなる。高野投手がエースとして関西大を勝ち上げていく、そんなピッチングを期待したい

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2020年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

関大・高野、虎スカウト「面白い」 デイリースポーツ「虎が追う」 2020/4/27

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント