阪神・中村GMが東都大学野球を視察、亜大・高田知季選手、駒大・白崎浩之選手をマーク!

東洋大, 飯田大祐, 亜大, 中大, 国学大, 緒方凌介, 戸田大貴, 谷内亮太, 高田知季, 西銘生悟

 阪神の中村GMが神宮球場で東都大学野球を視察した。「スカウトがリストアップした選手を中心に」視察したようで、「2打席見ればわかる」と話し、投手よりも野手を中心に視察をしていたようだ。

 阪神は1位で大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を指名する事を決めており、2位以降では補強ポイントである捕手と遊撃手の即戦力を指名する可能性が高い。

 この日の東都リーグでは中大vs東洋大、亜大vs国学大の試合が行われており、阪神がマークしていると見られる亜大・高田知季遊撃手や、他にもプロ志望届けを提出した、中大の強肩捕手・飯田大祐捕手、西銘生悟二塁手、国学大・谷内亮太遊撃手、それに今年は活躍が見られていないもののドラフト候補の東洋大・緒方凌介選手、戸田大貴選手などが出場していた。ちなみに、高田選手は3打数ノーヒット、飯田選手は2打数1安打、西銘選手は4打数1安打、谷内選手は5打数1安打、緒方選手は3打数1安打、戸田選手は4打数ノーヒットだった。

 この日登場しなかった駒大・白崎浩之選手も含め、谷内、高田といった遊撃手、そして中大の飯田捕手は指名の可能性があると考えられる。

 阪神・中村GMが就任後初めて大学野球を視察した。東都大学野球秋季リーグ戦をネット裏から見守り「(アマチュア選手も)できる限り見ていきたいと思っている。スカウトの方がリストアップした選手を中心に、2打席見ればわかる」と話した。

 

 今秋ドラフトでは大阪桐蔭の藤浪を1位指名することをすでに公表。2位は即戦力野手を指名する方針で、遊撃手の高田(亜大)や白崎(駒大)らをリストアップしている。


PAGE TOP