本日初先発!福岡ソフトバンク1位・東浜巨投手、北海道日本ハム・大谷翔平投手

福岡ソフトバンク球団ニュース 北海道日本ハム球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 福岡ソフトバンクのドラフト1位・東浜巨投手が今日、プロ初先発する。

 東浜巨投手はキューバとの練習試合で2回7安打4失点と乱れたものの、その後のオープン戦では好投を続け開幕ローテ入りを争った。開幕ローテはドラフト6位・山中浩史選手に奪われたものの、2周目となる4月の2週に初先発が決まった。

 昨年秋もリーグ戦前の練習試合で打ち込まれると、序盤の数試合もらしくない投球が続いていたが、国学大戦で吹っ切れてその後勝ち星を重ねた。東浜巨投手は「状態は上がってきた。やっと来たかという気持ちです」と話した。

 気になるルーキーは?の質問に「いません」と答えた。菅野智之投手、則本昂大投手、小川泰弘投手など3人が既にプロで勝ち星をあげている。藤浪晋太郎投手や大谷選手を含めて今年のルーキーのレベルの高さは例年にない。今日の投球を楽しみに待ちたい。

 また、北海道日本ハムの大谷翔平選手は、今日のイースタンリーグ・千葉ロッテ戦でプロ初先発をする。これまでオープン戦などではリリーフとして登板し、157km/hを記録するなど度肝を抜くピッチングを見せている。先発としてどのくらい投げられるか、球速は何キロ出すのか楽しみだ。

 今日の試合は11時から、QVCマリンスタジアムで行われる。

 11日のオリックス戦(ヤフオクドーム)でプロ初登板初先発するソフトバンク・東浜はヤフオクドームで50球の投球練習を行った。 開幕ローテーションは逃し、巨人・菅野、楽天・則本らに白星では先を越されているが、意識するルーキーは?との質問に「いません!」と即答。「状態は上がってきた。やっと来たかという気持ちです」と東都大学リーグ歴代4位タイの通算35勝右腕は万全の準備を整えた。

 日本ハム・大谷翔平投手(18)が11日、イースタン・ロッテ戦(11時・QVC)でプロ初先発する。5回70球をメドに投げる予定。この日の楽天戦(東京D)は出場せず、投手としての調整に専念し「ゼロで抑えて、良い流れを攻撃に持ってこれるようにしたい。先頭を切って(試合の)入りを大事にしたい。1巡目を抑えていきたい」と力を込めた。

 

 ここまでは春季教育リーグ、オープン戦、イースタン戦の計3試合に中継ぎで登板し5回1失点。変化球はスライダーとカーブの2種類に限定していたが「試したいボールもある。状況を見ながらやっていきたい」とチェンジアップなど他の変化球の解禁を示唆した。

 

 試合は当初、ロッテ浦和での実施を予定していたが多くのファンの来場を見込んでQVCに変更された。「うれしいです。(QVCは)風が強いと思うので確認しながらやりたい」と警戒を強めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント