巨人と阪神が争奪戦か、早稲田実・清宮幸太郎選手に注目、18日はスカウト大集結も

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

 早稲田実業で高校野球デビューを飾った清宮幸太郎選手に、早くも巨人や阪神が注目をしていく事を示唆した。18日はオコエ瑠偉選手が注目される関東第一と対戦が予定されており、プロのスカウトが大集結する可能性がある。

巨人が注目

 巨人のスカウトが「試合を見に行きたいと思っている。1年から見て3年でどうなっているのか、見ていくことも大事だから」と話した。また別のスカウトも「打つバランスが良い。金属バットだからといって、上半身だけに頼っていない。体全体を使ったプレー」と評価しているという。

 巨人は昨年のドラフト1位で右の大砲・岡本和真選手を指名し獲得した。しかし、王貞治選手、松井秀喜選手、高橋由伸選手、そして阿部慎之助選手と、左の大砲が活躍してきた事もあり、王氏と同じく早稲田実の左の大砲・清宮幸太郎選手は、人気面も含めて是非とも獲得したい選手だろう。

 

阪神も注目

 また阪神も球団首脳が「あれだけの素材なんだからリストに入ってくるだろう。」と話し、まだ2年後ではあるがドラフト候補のリストに入ってくることを示唆した。そして18日には担当スカウトがチェックをするという。

 清宮幸太郎選手の父、清宮克幸氏はラグビーの名将だが大阪出身で、清宮幸太郎選手は阪神ファンのようだ。かつて大阪のPL学園で活躍した清原和博選手や、阪神ファンだった松井秀喜選手を獲得できず、他球団で主砲となって活躍する姿に悔しさを感じているだろう。

 今度こそ、球界の主砲候補を獲得したい。

 

18日はプロスカウト集結か

 春季高校野球東京大会は、18日に、二松学舎大付vs日大三、関東第一vs早稲田実という黄金カードが組まれる事になった。日大三には146km/h右腕の田村孝之介投手とセカンドまで1.8秒の小藤翼捕手が、二松学舎大付にはまだ2年生だが大江竜聖投手がいる。関東第一にはオコエ瑠偉選手が、そして早稲田実には清宮幸太郎選手と高校通算41発の加藤雅樹選手がいる。

 これだけの選手が一度に見られるとあってプロのスカウトや高校野球ファンが集まるだろうし、清宮選手が注目されている事からマスコミなども集まりそうだ。狭い神宮第2球場で行われる事もあり、かなりの混雑が予想される。

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

二松学舎大付高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

関東一高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

1メートル84、97キロの体格から15歳とは思えぬ打撃をみせる逸材に、巨人の球団スカウトは興奮を隠せなかった。「試合を見に行きたいと思っているよ。1年から見て、3年でどうなっているのか、見ていくことも大事だから」

虎17年ドラフトは清宮? 日刊スポーツ紙面 2015/4/14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント