履正社・山口裕次郎投手の今大会初登板し6回1安打完封、巨人・阪神など9球団21人スカウト

履正社高, 山口裕次郎

大阪大会では履正社が茨木に10-0、6回コールドで勝利した。先発したプロ注目の山口裕次郎投手は6回を投げて1安打9奪三振で完封した。この試合には9球団21人のスカウトが視察した。

最後の打者に安打許す

山口裕次郎投手は180cmの左腕投手で最速は143キロながら、この春の大会では抜群の安定感を見せプロが注目をしている。この日も球速は142キロながら、伸びるストレートと変化球で6回を投げて9三振を奪った。6回2アウトまではノーヒットに抑えていたが最後のバッターにヒットを許し6回1安打だった。

反省も口にした。2回には3つの四球を出し、「肘が下がり気味で横振りになった。あまりしっくりこなかった」と話した。それでも相手にヒットを許さず無得点に抑え、力は十分見せた。

スカウト「十分」

この日は9球団21人のスカウトが訪れた。巨人の益田スカウトは「高校生でこれだけ投げられれば十分。体も強い」と話すと、阪神の畑山統括スカウトは「春の自信からか余裕をもって投げているように見える。彼らしい手元でビュッと来るボールには力があるし、もっと厳しい戦いになったところでどんな投球をするか見てみたい」と話した。

寺島成輝投手とともに注目される山口投手、抜群の安定感でまずは甲子園出場を目指す。

2016年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

履正社のドラフト候補・山口裕次郎投手(3年)が6回1安打無失点9奪三振の快投を見せた。本来なら2回戦に先発予定だったが、寝違えで登板を回避し、ドラフト1位候補の寺島成輝投手(3年)に助けてもらった左腕。名誉挽回の投球を、ネット裏では阪神など9球団21人のスカウトが見守った。

今夏初登板。履正社の左腕・山口裕次郎は初回を3者連続三振で滑り出すと、6回2死まで無安打。そのまま6回コールド勝ちを決めた。


PAGE TOP