霞ヶ浦・鈴木寛人投手がプロ志望表明、広島スカウト部長「外れ1位でもおかしくない」

霞ヶ浦高, 鈴木寛人

プロ注目の霞ヶ浦・鈴木寛人投手が甲子園で初登板をしたが、履正社打線に3回途中まで7失点しマウンドを降りた。しかし、視察をしたプロのスカウトからは「外れ1位」の声が挙がった。

BIG5にはなれず

この夏の大会の注目株だった148キロ右腕の鈴木寛人投手だったが、甲子園の投球は苦いものになった。185cmから投げ下ろすストレートは球場表示で148キロ、福岡ソフトバンクのスカウトのスピードガンで149キロを記録したものの、ストレートも得意のスライダー、スプリットなどの変化球も全体的に高く、甘めの所に来た。「決め球の場面でウイニングショットが高かった」と試合後に話す。

その球を履正社打線は見逃さず、捉えられた打球はスタンドまで運ばれる。初回に1番バッターの桃谷惟吹選手と井上広大選手に運ばれ、3回にも野上選手に2ランホームランを浴びた。

結局、2回1/3を投げて7安打7失点、「勝ちたい気持ちばかりが前に出て、フォームが前のめりになっていた。簡単にカウントを取りにいってしまった」と話した。

大会前の甲子園練習から、「投球の時に観客が目に入る。いつもとは違う感じ」と甲子園球場に違和感を感じていた。そしてこの日も、「観客や広さがプレッシャーにもなってしまった」と話した。

甲子園では、BIG4の中で、奥川投手や西投手などが昨年から登板をしているが、しっかりと結果を残す投球をみせている。鈴木投手がその中に入ってくるかどうか、甲子園での投球を期待したがそれは出来ず、BIG5には入ることができなかった。

スカウトの評価は変わらず

それでも評価が沈んだわけではない。視察した広島・苑田スカウト統括部長は、「打たれたけど、上位候補の評価は変わらない。外れ1位でもおかしくない」と話し、ドラフト上位、1位候補の評価をあらためて口にした。

また、鈴木投手も試合後に進路について聞かれると、「これから考えたい」と話したものの、「プロに行きたいと思っている。甲子園の反省を生かして、チームを勝たせられる投手になりたい。そういう舞台でリベンジできれば。」とプロ志望を明らかにした。

角度があるストレート、低めへの変化球を見せることができず、こんなものではないという感じはある。現時点では、佐々木投手のような圧倒的なストレートや、奥川投手のようなどんな舞台でも結果を残すような絶対的な制球があるというわけではないが、大型右腕はこれからプロで成長をして、佐々木投手、奥川投手と互角に投げる力と経験を積んでいくのだろうと思う。

ドラフト会議では2位前後での指名が予想される。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

「プロを目指したい。そういう舞台でリベンジできれば」と鈴木。広島・苑田スカウト統括部長は「打たれたけど、上位候補の評価は変わらない」とコメントした。

ソフトバンクのスピードガンで自己最速の149キロを計測した。進路については明言を避けたが、広島・苑田スカウト統括部長は「外れ1位でもおかしくない」と高評価。実力の片りんを示し、聖地を去った。

伸び盛りの右腕は試合後「甲子園の反省を生かして、チームを勝たせられる投手になりたい」とプロ志望を表明した。

1メートル86の大型右腕。進路については「プロに行きたいと思っている。(志望届の提出は)これから考えたい」と話し、「反省を生かして上の舞台でリベンジしたい」と誓った。


PAGE TOP