白樺学園の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は白樺学園。

白樺学園の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:片山楽生投手は躍動感あるフォームからキレの良い球を投げ、球速も142キロを記録する。札幌龍谷戦ではリリーフで登板し打者6人から4奪三振などストレートをMAXで投げ込んだ時は、なかなか打てない。打撃にも優れる。

注目度B:川波瑛平選手は182cm82kgの体があり50m6.1秒の足を持つ。1番バッターとしてシャープな打撃を見せ、秋はホームランを放つなどパンチ力もある。盗塁は練習試合では20個を記録しているが公式戦では0個だった。しかし公式戦で2ベース3本、3ベース2本と足の良さを物語る。レフトで出場する守備などで可能性を見たい。

注目度C:奥村柊斗投手は控えながら191cmから143キロの速球を投げる。長身だが50m6.3秒の足もあり身体能力が高い。2年秋は公式戦登板は0で練習試合でもそれほど良い内容ではないが、素質に注目したい。

注目度C:宮浦柚基選手はセカンドを守り、昨年明治神宮大会では健大高崎戦でホームランを放った。遠投100mの肩もある選手で、アベレージも残す。

注目度C:二ツ森学選手はショートを守る。秋は打率.444にチーム1の10打点を挙げ、北海道制覇に貢献した。守備と打撃を見たい。

注目度C:玉置健士郎選手は180cmの上背がある選手で50m6.1秒の足は川波に並ぶ。公式戦の実績は少ないが見てみたい。

注目度C:宍倉隆太選手は1年生ながらサードのレギュラーとして出場した。下位打線を打ち打点を挙げる。

チーム

エース・片山投手は大会屈指の好投手、4番を打つその打撃が注目される。勝利のポイントは1番川波選手の打撃で、先頭打者で2,3ベースヒットでチームに勢いをつける。また二ツ森、宮浦の二遊間のは守備も打撃もチームを機能させる。

片山投手が3点前後に抑え、打線が6点前後を奪う感じ。

白樺学園のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント