亜細亜大が始動、正村新監督「新3年生」の齊藤汰直投手・本田峻也投手・山城京平投手に期待

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

八戸学院大で高橋優貴投手(2018年ドラフト1位)や、大道温貴投手(2020年ドラフト3位)を育てた正村監督が亜細亜大の監督として始動し、新3年生の齊藤汰直投手、本田峻也投手、山城京平投手に期待をしていると話した。

スポンサーリンク

新3年生

正村監督は亜大監督のオファーを受けた時に、東海大出身で亜細亜大OBではないこともあり、「オファーを受けるかどうか迷いもありました」と話したが、「トップレベルでやりたいという思いがあった」と、日本一のレベルを誇る戦国東都の監督を決意を持って引き受けた。生田監督などが作り上げてきた「徹底力と全力疾走という亜細亜大の伝統を継承するとともに、自立をテーマにやっていきたい」と方針を示した。

正村監督は八戸学院大時代に投手の育成が高く評価されており、金足農の吉田輝星投手も指導していた。亜細亜大でもその手腕が期待されるが、「新3年生に、いいピッチャーが多い」と話し、齊藤汰直投手、本田峻也投手、山城京平投手の名前を挙げた。

齊藤投手は最速149キロの速球を投げ、武庫荘総合時代から注目されていた投手で、昨年秋はリーグ戦初勝利を挙げると、侍ジャパン大学代表強化合宿にも参加した。本田投手は東海大菅生出身で実戦派の左腕投手、山城投手は興南高校出身で150キロの速球を投げる。齊藤投手は正村監督から室内練習場で指導を受け、「フォームや変化球について知りたいです。スライダーを磨いて、春は5勝を目指します」と話し、「自分がエースだという自覚を持って草加さんの穴を埋めたい」とエースに名乗りを挙げた。

これを聞いて4年生投手の奮起にも期待したい。駒大苫小牧出身の北嶋洸太投手や青森山田で150キロの球を投げた小牟田龍宝投手など高校時に注目されていた投手は、まだリーグ戦での実績は少ない。まずはリーグ戦で投げている姿を確認したい。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】投手の育成に定評 亜大・正村新監督が期待する“ポスト草加”は? : スポーツ報知
 東都大学リーグの亜大は14日、東京・西多摩郡のグラウンド近くの神社で必勝祈願を行った。1日付で就任した正村公弘監督(60)は「徹底力と全力疾走という亜細亜大の伝統を継承するとともに、自立をテーマにや
亜大が本格始動 新指揮官・正村公弘監督が目指す野球とは - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの亜大は14日、都内のグラウンド近くの神社で必勝祈願を行い本格始動。1月1日付で就任した正村公弘監督は「“全力疾走”という亜細亜の伝統は引き継ぎながら自立をテーマにやっていきたい。まずは1部残留、そしてリーグ制覇、日本一を目指していければ」と、戦国東都での意気込みを語った。
亜細亜大・正村公弘新監督が本格始動 『自立』テーマに4季ぶりの優勝目指す【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球・亜大の新監督に就任した正村公弘監督(60)が14日、東京都日の出町のグラウンドで本格始動した。東海大などで投手として活躍...
亜大「サシ面談」始動 新監督は巨人高橋、広島大道、中日松山育てた八戸学院大元監督正村公弘氏 - アマ野球 : 日刊スポーツ
「じっくり面談」でチームを解剖する。東都大学野球の亜大は14日、東京都西多摩郡の同校グラウンドで年始の練習を行った。1日付で新監督に就任した正村公弘監督(60… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント