新潟県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

新潟県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

日本文理の長谷川優也投手は、143キロの力のある速球を投げ、投手としてプロ入りを目指している。活動自粛明けにどのくらい成長した投球を見せられるか期待したい。

その他の選手

日本文理は180cm70kgの種橋諒投手、渡邊京投手も140キロを超えており、いつも通り速球派がそろう。1年時から4番を打ってきた中田龍希選手、180cmの外野手で長打力が伸びてきた大矢怜選手とバランスの良いチームができるか。

野手では加茂暁星の荒木友斗選手が、打球の飛距離も十分の遊撃手で、故障もあったが復活が期待される。チームでは右腕の藤井聖也選手もスライダーの切れが抜群の投手。

中越の佐藤旦有夢投手は、180cm85kgの恵まれた体があり、多彩な変化球と共に130キロ後半の速球を投げ、遊撃手としても守備と打撃の評価が高い。チームでは広瀬航大選手が1年夏の甲子園を経験しており、セカンドでの好守備と高い打率を残す。

北越の阿部柚士郎投手は、170cmと小柄だがやや低い位置からの130キロ後半の力は威力抜群。左の強打者・松山琉人選手も注目される。

新潟県央工の滝沢拓豊投手は、まだ線が細いものの180cmから141キロの速球を投げる。村上桜ヶ丘の菅原岳心投手と山田尚幸投手は、共に182cmの身長があり、角度のついた球を投げる。新潟第一の近藤想真投手は175cmから142キロの速球を投げ、秋は好投を見せた。帝京長岡の吉田行慶投手も175cmから130キロ後半を投げ、芝草監督の指導で成長に期待。

三条高校の丸山尊仁投手も130キロ後半を記録する力のある右腕、新潟高校の遠藤彰投手は181cmの上背があり、140キロを記録している。東京学館新潟の南波秀投手もストレートに力がある。

新潟明訓の高橋陽斗選手も素質ある遊撃手で、広角にヒットを打つ。新潟産業大付の遠藤快選手は昨秋に2本塁打15打点を記録した強打者。関根学園の吉澤一樹選手は180cmの大型内野手で長打力を期待する。帝京長岡の西村俊亮選手は、浦和学院から転向し今年、公式戦で出場できるようになる。

2年生では新潟産大付の西村駿杜投手が、ストレートに力があり、2年生でNO.1と評価される。中越の加藤秀成投手は投げっぷりの良さを見せ、球にも力がある。新発田の大越直人投手は、左から130キロ中盤の速球を投げる。日本文理の渡邊暁仁選手は長打力に優れ、ホームランを期待できる。東京学館新潟の古俣秀選手はヒットを広角に打てる打率を残せる選手。

2020年度以降-高校生-新潟県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント