甲子園交流戦、巨人・阪神・ヤクルト・ソフトバンクの首脳クラスが注目選手を総括

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

甲子園交流戦が終了し、スポーツ紙各紙では球団スカウトの今大会に出場した選手の中で印象に残った選手の評価が掲載されている。

スポンサーリンク

巨人・水野巡回コーチ

巨人は水野巡回コーチが評価をした。

インパクトを受けた選手として、投手では明石商・中森俊介投手と中京大中京・高橋宏斗投手を挙げ、中森投手は「真っすぐだけじゃなく、変化球もしっかり使いながら大人の投球ができていた」と話し、高橋投手は「実戦経験豊富で球威も十分。」と評価、「完成度の中森とボールの力の高橋。この二人は高校生の中では別格でした」と話した。

また、投手では智弁和歌山・小林樹斗投手が「素晴らしいボールを投げ込んでいた」と話し、日本航空石川・嘉手苅浩太投手は「大きな体から角度のあるボールを投げていた」と話した。嘉手苅投手については「県大会で視察した時は腰痛の影響で140キロに届かなかったんですが、甲子園では145キロを計測。1回、2回だけの視察は怖いなと思わされました」と話した。

打者では1試合だけで評価するのは難しいとしながら、明石商の来田涼斗選手、中京大中京の中山礼都選手を挙げ、中山選手には「飛距離も出るし、スピードもある。スケール感があります」と評価した。そして、東海大相模・山村崇嘉選手、仙台育英・入江大樹選手、智弁和歌山・細川凌平選手などショートに好素材がそろいましたとした。また3盗塁を刺した履正社・関本勇輔捕手も「1試合きりの大舞台で結果を残せるあたりは、何かを持っているのかもしれない」と話した。

福岡ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト・育成部長

九州勢では大分商の川瀬堅斗投手が「春のイメージよりだいぶ良くなっているし、調整能力が高い」と評価、明豊の若杉晟汰投手も「体のバランスもよく大崩れしない。上でも早めにゲームに使えるタイプ」とした。また鹿児島城西の八方悠介投手も「あらゆる球種を思ったところに投げられる制球力があるし、独特のフォームも自分のものになっている。あのままに体力が付けば非常に楽しみ」と話した。

また交流戦に出ていない選手で、福岡大大濠の山下舜平大投手について「コロナ禍で良かった、悪かったの両面があるでしょうけど、山下君は練習の自粛期間にトレーニングがしっかり積め、体がひと回り大きくなって球に力が付いた。楽しみな素材です」と話した。

九州以外では中京大中京の高橋投手に、「こういう舞台でアピールしてやろうという姿を見ても、性格的にプロ向き。魅力たっぷり」と評価、明石商・中森投手にも「状態は良くなかった。高校生最後の試合だとがむしゃらに投げてしまいがちですが、彼は状態を見極めて試合を作った。投手としてセンスを感じる」と評価した。

智弁和歌山・小林投手には「強い球が投げられて、短いイニングを力いっぱいいける。リリーフの適性を感じる」と評価、日本航空石川の嘉手苅投手も「めちゃくちゃ面白い素材。大味に見えて指先の間隔もいいですからね。魅力たっぷり」と評価した。

打者では東海大相模の4番・西川僚祐選手を「いいスイングだし、体もいい」と評価、花咲徳栄の井上朋也選手も「右で大きいのを打てるバッターはそういない」と評価した。左では明石商の来田選手に「うちの柳田に似た雰囲気がある」と評価、履正社の小深田大地選手も「スイングが力強い。上位指名の候補に入ってくる一人」と評価した。

東京ヤクルト・小川GM

智弁和歌山の小林投手について「見るのは3度目だが最後の151キロを計測したように、スピードを出せる事、変化球のキレに能力の高さを感じた」と評価した。

全期間を通して、小林投手の他に、中京大中京の高橋投手、明石商の中森投手が抜けていたとし、「3人とも150キロ以上のスピードを出せるだけでなく、事項のグラウンドでも甲子園でも同じように投げられる精神的な安定感、制球力がある」と評価した。また日本航空石川の嘉手苅投手に「好素材として魅力的に映った」とした。

野手では東海大相模の鵜沼魁斗選手について「安打が出なくても小力があるし、足もある外野手」と、今大会で目立った選手と話した。

また、明石商の来田選手、仙台育英の入江選手を挙げている。スラッガーは少なかったとしたが、花咲徳栄の井上選手は印象に残っているとし「日本ハム・野村の2年後輩で、飛ばすだけではなく、柔らかさを持った右打者だと感じた」と評価した。

阪神・畑山統括スカウト

「印象に残った選手でいうと、中森、高橋、小林の3人かな」と話し、明石商・中森投手、中京大中京・高橋投手、智弁和歌山・小林投手の名を挙げた。小林投手について、「全国的に見ても、年明けからすごく成長した投手の1人。短いイニングで全力でいけば、ああいったパフォーマンスを出せるという特性を見られたことは良かった」と話した。

打者では「勝ち上がっていく中で状態を上げて、本来のパフォーマンスをみせられる選手もいる中、1試合だけの結果は難しいところ。投手の方が安定したパフォーマンスを出せたかな」と話した。

総括

投手では中森投手、高橋投手、小林投手の3人の評価が高く、次いで日本航空石川の嘉手苅投手が評価された。

野手は各球団バラつきがあるものの、明石商・来田選手と花咲徳栄の井上選手が評価が高く、東海大相模は鵜沼選手、西川選手、山村選手の3人とも名前が挙がった。

2020甲子園交流戦の対戦カードと注目選手一覧
8月10日にから開催される甲子園交流戦、対戦カードと注目選手の一覧です。
水野コーチ、中森・高橋「別格」 スポーツ報知紙面 2020/8/18

 

高校生ドラフト候補、タカ編成幹部が分析 西日本スポーツ 2020/8/18

 

ヤクルト小川GMが総括 サンケイスポーツ紙面 2020/8/18

 

「印象に残った選手でいうと、中森、高橋、小林の3人かな」

 大会前から注目されていた明石商・中森俊介投手(3年)、中京大中京・高橋宏斗投手(3年)、智弁和歌山・小林樹斗投手(3年)の3投手を高く評価。この日、登板した小林について「全国的に見ても、年明けからすごく成長した投手の1人。短いイニングで全力でいけば、ああいったパフォーマンスを出せるという特性を見られたことは良かった」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント