磐田東・二俣翔一選手にDeNA除く11球団から調査書

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

磐田東の二俣翔一捕手に、横浜DeNAを除く11球団から調査書が届いていることが分かった。

スポンサーリンク

146キロ記録の強肩捕手

二俣翔一選手は投手としても146キロの速球を投げ、捕手としてセカンドまで1.79秒の強肩を見せる。また長打力も魅力で高校通算は21本、夏の静岡独自大会で注目をされたが、横浜DeNAを除く11球団から調査書が届いたという。

高校生捕手として評価はトップ3に入ると思う。その二俣選手は、「150キロは分かりませんが、今ならそれ以上を出せる自信はあります」と話し、夏からさらに進化していると話した。

ドラフト会議では将来の高校生が欲しいチームは3位前後で指名することになるのではないかと思う。

DeNAは一昨年に益子選手、昨年に東妻捕手を獲得しており、今年は高校生捕手の指名は優先度は高くなさそうだ。

2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

届いた調査書はDeNAを除く11球団。21日に18歳になったばかりの逸材は「強肩」でプロの世界に挑む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント