日本ハムがドラフト1位指名・伊藤大海投手を公表

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムは吉村GMが取材を受け、ドラフト会議で、苫小牧駒大の伊藤大海投手を1位指名する事を公表した。

スポンサーリンク

NO.1の投手

先月行われたスカウト会議で大学生投手の1位指名を示唆し、大渕スカウト部長が「一番いい投手を考えています。」と話していた。候補には早稲田大の早川隆久投手も候補に挙がっていたが、吉村GMはこの日、「NO・1投手として評価しました」と伊藤大海投手を最も高く評価していることを明らかにした。

吉村GMは、「今年のリーグ戦の成績に限らず、昨年までの投球内容、特に国際試合、ジャパンにおいての投球内容を評価しました。先発、クローザーとしての適性までも併せて評価しています」と伊藤投手の評価について説明をした。

伊藤投手は2018年、2019年の侍ジャパン大学代表に選出され、2018年の日米大学野球では5戦中4戦に登板、1,2戦はリリーフで登板してそれぞれ1回を無失点。3戦目は先発したものの3回3安打2失点も5つの三振を奪った。5戦目はリリーフで3イニングを投げ2安打4奪三振無失点に抑えていた。

また2019年の日米大学野球でも5戦中4戦に登板し、すべてリリーフ登板。2戦目こそ同点の場面で登板しサヨナラホームランを浴びたが、1戦目、4戦目、5戦目は1回をノーヒットに抑え、メジャー予備軍を相手に力を見せた。

苫小牧駒大という事で東京で投球を見せたのは2018年のみだったが、日本文理大戦で9回5安打10奪三振2失点で完投勝利を挙げていた。最速155キロの速球に、様々な変化球をコントロールよく投げ分けることができ、リリーフも先発もできる投手。早稲田大の早川投手に引けを取らない投手と評価されていた。

北海道日本ハムは2006年に駒大苫小牧の田中将大投手を指名しているが、出身は兵庫県で、北海道出身の選手を1位指名するのは初となる。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。

「NO・1投手として評価しました」と説明した同GMは「今年のリーグ戦の成績に限らず、昨年までの投球内容、特に国際試合、ジャパンにおいての投球内容を評価しました。先発、クローザーとしての適性までも併せて評価しています」と高い評価を口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント