センバツ(2021)に出場する注目野手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ出場校が決定し、野手でも注目の選手が集まる。

スポンサーリンク

世代NO.1ショート対決も注目

県岐阜商の高木翔斗選手は、世代NO.1捕手と評価が高い。185cm85kgの体があり遠投100mの肩は注目。長打力に打率も残せる打撃もしっかりとチェックしたい。智弁学園の前川右京選手は世代を代表する左のスラッガー。前で捌く打撃で外角にも食らいつくことができるが、インコースをすくい上げてのライトスタンドへのホームランが真骨頂。大阪桐蔭の池田陵真選手は秋に大暴れを見せた。上背はないもののガッシリとした体から、高めの球にも押し込まれない腕っぷしの強さがあり、強い打球を弾き返す。打撃センスも高くアベレージも残せる。

東海大相模の大塚瑠晏選手と天理の杉下海生選手は、この世代でNO.1のショート守備を見せる。大会でどちらの守備が良いかを評価することは難しいくらい甲乙つけがたい。タイプの違いもあり二人を見れるのは非常に楽しみ。

北海の宮下朝陽選手は180cmの大型遊撃手で、鍛えられた体から放たれる打球は痛烈に外野の頭を越えていく。ショートの守備にも注目したい。川村亮太選手も長打力が光る。仙台育英の吉野蓮選手は4番ファーストで出定し、強烈なスイングで打球を遠くに飛ばす。

健大高崎は二塁手の小澤周平選手が33本塁打、捕手の綱川真之佑選手も21本塁打、堀江晃生選手、森川倫太郎選手なども長打力があり、3年生全員で230本塁打を放っている。綱川選手はセカンドへの送球も低く伸びがあり、2秒を切るタイムを記録する。常総学院の田邊広大捕手もセカンドまで1.9秒台の送球を見せ、チャンスに強い打撃を見せる。同じく常総学院の三輪拓未選手もサードでの動きの良さや打撃の良さを見せる。専大松戸の吉岡道泰選手は1年時から期待の選手。181cmの体から放たれる打球は強い。東海大相模の柴田疾選手は打撃もしっかりとしており、投げても143キロを記録する肩がある。

敦賀気比の大島正樹選手は1番センターで、高い身体能力にプロが注目している。智弁学園は山下陽輔選手も長打力に優れた選手で秋は2本塁打を放つ。市和歌山の松川虎生捕手も高校通算31本塁打の長打力に、152キロ右腕の小園投手のカットボールやツーシームをしっかりと捕球する技術の高さを持つ。瀨千皓選手は1年秋からチャンスに非常に強い打撃を見せるメガネのスラッガー。

明徳義塾の米崎薫暉選手は遠投115mの強肩遊撃手。父も元プロ野球選手。鳥取城北の畑中未来翔選手は左のスラッガーで長打力を見せるが1年時は1番も打った。足や肩などもチェックしたい。八戸西の前田銀治選手は投手としても130キロ後半を投げるが、180cm90kgの体で強打を見せる。

【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

昨年の記事

センバツに出場する注目野手、世代NO.1を目指すスラッガー
センバツ出場校が出そろい大会に登場する選手が注目される。野手では明石商・来田涼斗選手、東海大相模・西川僚祐選手、花咲徳栄・井上朋也選手、履正社・関本勇輔選手、星稜・内山壮真選手などが注目される。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント