センバツ(2021)に出場する注目投手たち

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

出場校が決まったセンバツ大会。今年も注目の投手が大勢います。

スポンサーリンク

BIG4

昨年は中京大中京・高橋宏斗投手、明石商・中森俊介投手、智弁和歌山・小林樹斗投手、大分商・川瀬堅斗投手をBIG4と取り上げ、ぜひ見たかった投手達だった。そして今年もBIG4として注目される投手がいる。

世代NO.1とも言われる市和歌山・小園健太投手は、最速152キロの速球に、小さく曲がるカットボール、ツーシームの切れ味も鋭く、プロでも打ちあぐねると言われるほど。昨年の兵庫大会はその変化球を使い3試合22回で21奪三振1失点。ライバル智弁和歌山を2度も撃破し甲子園出場を決めた。冬に体重を5kg増やし、「秋に得られなかった指にかかった感覚、最後まで押し込めている感じがある」と秋よりもパワーアップをしている。

大会NO.2と言えるのが中京大中京・畔柳亨丞投手だろう。昨年のBIG4・高橋投手が「自分よりいい球を投げている」と話す右腕で、最速は151キロ、回転の良い球で高めで空振りも奪えれば、低めに集める事もできる。畔柳投手は「市立和歌山の小園投手と投げあってみたい。対戦する機会があれば、絶対に投げ勝ちたいです」と話す。中学時代から知り合いで、昨年も対戦をしたが0-1で敗れた悔しさを大舞台で晴らす。

そして残り二人は大阪桐蔭にいる。松浦慶斗投手は186cmの大型左腕で最速は150キロを記録する。夏の甲子園交流戦でもプロ注目選手の並んだ東海大相模を相手に2回をパーフェクト。スケールの大きさに期待が集まるが、実戦的なピッチングをみせる。センバツは多少荒々しくても思い切りの良い球を見たい。関戸康介投手は昨年夏前に最速154キロを記録した。試合での投球は制球などに課題を見せるが、体の筋肉がユニフォーム越しに見て取れ、力のある球を投げる。

その他の投手

仙台育英の伊藤樹投手は最速147キロの球を投げ、カーブ、スライダー、チェンジアップ、スプリットなど多彩な変化球を持っている。大会後にはBIG4の一角に入ってきてもおかしくない投手。天理の達孝太投手も注目の一人。193cmから投げ下ろす145キロの速球は、昨夏の甲子園交流戦でも片鱗を見せた。こちらもBIG4に入ってきてもおかしくない。

北海高の木村大成投手は180cmの左腕で最速は145キロ。伸びやかなフォームからのストレートが良く、体が強くなれば低めに威力のある球が投げられそう。常総学院の秋本璃空投手も145キロを記録する。体もがっしりしており、フォームのバランスもよくコンスタントに140キロ前後を投げ、スライダーでカウントを稼ぐ。2枚看板の大川慈英投手はダイナミックなフォームから伸びのある144キロの速球を投げ、高めの球で空振りを奪う。

東海大菅生の本田峻也投手は143キロの直球を投げる左腕投手。U15代表で中学時代から世代を代表する投手。東海大相模の石田隼都投手は185cmの左腕で、最速は143キロを記録するが、アップテンポで投げる投球で抑える。県岐阜商の松野匠馬投手は142キロの切れのあるストレートとカーブが魅力、野崎慎裕投手も142キロの球を投げ、安定感あるピッチングを見せる。

智弁学園の小畠一心投手は185cmから145キロの速球を投げ、こちらもU15代表。素質の高さが注目されており、今大会で一気にブレークするかも。西村王雅投手は171cmの左腕投手で球速もそれほどだが、昨夏の甲子園交流試合で中京大中京の高橋投手と投げあった。気迫のこもる投球は印象深い。神戸国際大付の阪上翔也投手は普段はセンターだが登板すると145キロの勢いある球を投げる。

広島新庄の秋山恭平投手もU15代表の左腕投手。伸びのある140キロのストレートを軸にした投球は安定感がある。2年生から投手となった花田侑樹投手も143キロの速球を投げ、登板が期待される。明徳の代木大和投手も中学時代に注目された183cmの左腕投手。球速も130キロ後半が出るが、球速を抑えて制球重視のピッチングを見せる。聖カタリナの櫻井頼之介投手は170cm58kgと体は小さいが145キロの球を投げ込む。

大崎の坂本安司投手は130キロ後半を記録するストレートが安定、フォームも非常にバランスが良く、カット、スライダー、チェンジアップを同じようなモーションで投げてくる。福岡大大濠の毛利海大投手は178cmの左腕投手で、気持ちがこもった140キロのストレートは勢いがある。明豊は左のエース・太田虎次朗投手が独特なフォームから141キロの速球とスライダー、カーブといった変化球を投げ、秋は主にリリーフで登板した右のエース京本真投手は187cmから146キロの速球を投げ下ろす。

八戸西の福島蓮投手は188cmから143キロの速球を投げ、大会注目投手の一人。三島南の前田銀治投手は二刀流で139キロの速球を投げる。東播磨の鈴木悠仁投手も142キロの速球を投げ、粘りを見せる。具志川商の新川俊介投手も144キロの速球に多彩な変化球を投げる。

その他にも、柴田の谷木亮太投手はタフネスエース。球の威力があり高めでも押し込んで内野ゴロに打ち取ることができる。東海大甲府の若山恵斗投手は130キロ後半の直球を投げる左腕で変化球を巧みに使い打ち取る。専大松戸の深沢鳳介投手はスリークォーターからの切れのある球で勝負する。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。

昨年の記事

センバツに出場する注目投手、センバツ最速を目指す投手たち
センバツ出場校が出そろい、大会に登場する選手が注目される。投手では中京大中京・高橋宏斗投手、明石商・中森俊介投手、智弁和歌山・小林樹斗投手、大分商・川瀬堅斗投手がBIG4となりそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント