2021センバツ出場、中京大中京の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は中京大中京高校。

中京大中京の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:畔柳亨丞投手

最速151キロの速球を投げ、その回転の良さで高めの球で面白いように空振りが奪える。低めにも突き刺さるような球を投げることができる、昨年の高橋投手のように終わってみれば世代NO.1投手となっているかもしれない。

注目度B:加藤優翔捕手

セカンドまで1.85秒の強肩捕手。打撃でも1年時に8本塁打、昨年はあまり試合がなかったが通算11本を打っている長打力もある。四死球を取って出塁する選球眼もある。

注目度B:大江嶺投手・2年

190cm84kgの体から1年秋の時点で135キロを記録しており、次世代のエースとして期待される。ベンチ入りしてきたら登板を期待したい。

注目度C:西川鷹晴捕手

セカンドまで1.9秒台の送球を見せる捕手。正捕手争いで秋は敗れたが、力の差はそれほどない。

注目度C:桑垣秀野外野手

打撃では柔らかく広角にヒットを打ち、昨秋は打率.341を記録した。盗塁も4つ決められる選手。センターとしても安定して広い範囲を守れる。

注目度C:原尚輝三塁手

4番サードで出場。パンチ力もあるが、四死球をしっかり選べて出塁も期待できる。盗塁も決められるセンスがある。

注目度C:柴田青投手

135キロのキレの良い球を投げる小柄な左腕投手。バッターをしっかり見て、間をとって投げられる。

注目度C:大矢琉晟投手

177cmの右腕投手で最速は143キロを記録する。秋は5回1/3の登板で4失点とまだ課題もあるが、成長が期待される。

注目度C:杉浦泰文外野手

160cmと小柄だが50m5.9秒の足を使い、外野でスピード感あるプレーを見せる。

注目度C:辻一汰一塁手

181cmの大型選手だが、打率.415とアベレージを残し、50mは6.6秒だが昨秋は4盗塁を記録するなどセンスが高い。

注目度C:細江泰斗遊撃手

昨秋は45打数24安打、打率.522を記録したバッター。ライナーで広角にヒットを打てる選手。ショートの守備をチェックしたい。

注目度C:満田悠生二塁手

50m5.9秒の足があり、犠打など巧みなプレーができる選手。

注目度C:赤山泰斗外野手・2年

鋭いライナーを打てる2年生でレギュラーを争う。

チーム

投手はエース畔柳亨丞投手でも十分だが2番手の柴田投手も安定感があり、大矢投手、次世代エース候補の大江投手なども登板してほしいとも思ってしまうほど力があり層も厚い。

攻撃では1番の細江選手が2回に1回は出塁をし、勝負強さを見せる桑垣選手、長打力のある原選手、辻選手が返す。6番にも11本塁打の加藤選手がおり大量得点の可能性がある。守備も捕手の加藤選手、西川選手はどちらもランナーを刺せる肩があり、遊撃手の細江選手、センターの桑垣選手とセンターラインがしっかりしている。

投手は3点前後に抑え、打線が7点を奪う。打線が着実に加点をして投手陣を楽に回せるようにできれば、日本一に手が届きそうだ。

中京大中京高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント