【2022センバツ】東洋大姫路の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、東洋大姫路の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:森健人投手

170cm69kgと体は大きくないが、最速144キロを記録する球を投げる。どちらかというと打たせてとるスタイルで、制球された球で勝負する。それでも昨春は2試合15奪三振を記録、この冬も回転の良い球を追求しており、センバツでの投球が注目される。

注目度C:小松聡真遊撃手

165cmの遊撃手、守備の安定感と1番打者としての高い打率が持ち味。足のタイムはそれほどよく無く、二塁打の多い長打の打てるトップバッター。守備、打撃をチェックしたい。

注目度C:岡部虎尉二塁手

5番を打つ選手で、昨秋は打率は高くなかったが、9試合で4盗塁を記録するなどセンスの良さを見せた。

注目度C:千代凱登外野手

センターを守り、ポジションニングの良さなどに定評がある。2番を打ち安打や四球で出塁してチャンスを作る。

チーム

森投手は関西屈指の好投手の一人で大黒柱。インコースを攻める投球ができ、強気の投球でチームを引っ張る。

打線は長打力も多くなく、50mのタイムが速い選手も少ないが、よく走り、よくつながり、よく守る。

投手が2、3点に抑え、打線がつながりで5点を奪う。1、2番の出塁と、3、4番のチャンスでの打撃が勝利の鍵。

東洋大姫路高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント