夏の高校野球・兵庫大会(2023)の注目選手、ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

夏の高校野球兵庫大会の注目選手です。ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

滝川二の坂井陽翔投手は、今年の高校生投手のドラフト候補で必ず名前が出てくる選手。公式戦であっと言わせるような投球はまだしておらず完成はもう少し先だが、186cmの長身から149キロの速球を投げ、将来が非常に楽しみ

報徳学園の堀柊那捕手も高校NO.1と呼び声高い強肩が魅力。捕手としての能力や打撃の力をプロのスカウトが必死に分析しているが、この肩で将来、飯が食えそうだ。

2年生投手も注目され、神戸国際大付の津嘉山憲志郎投手は1年時から力のある投球で安定しており、148キロの速球を投げる。報徳学園の今朝丸裕喜投手も185cmから143キロの球を投げ、今は安定感重視の投球をしているが、ひと冬越えた来年が楽しみ。

その他の選手

センバツ準優勝の報徳学園は、高校通算30本塁打の石野蓮授選手も長距離砲として注目され、50m5秒台の岩本聖冬生選手や187cmの長身右腕・盛田智矢選手もプロが注目する。

神戸国際大付も140キロ台を記録するのが高松成毅選手、田村好誠選手、中村和史選手と投手が充実している。

神戸弘陵は2年生右腕の村上泰斗投手がまだ粗いものの146キロの速球に注目、藤本康生選手も長打力が評価される。

明石商の横山楓真投手は182cm85kgの体から142キロの速球を投げる。社の高橋大和投手も143キロの速球を投げ、130キロ後半の速球を投げる左腕の年綱皓投手は多彩な変化球が武器、左腕の杉本太一投手も130キロ中盤の速球を投げる左腕。河関楓太選手も小柄だが巧打の左打者。東播磨の原田祐人投手は189cmの長身から角度のある球を投げ、仙台育英を相手に好投しプロも注目する。

神戸学院大付の峯松倖生捕手は、1年時からマスクをかぶり、1年秋に兵庫で準優勝をしている。東洋大姫路の内海誠揮投手、育英の内藤世耀投手など中学時から注目された投手もいる。

2年生では須磨翔風の槙野遥斗投手が181cmから抜群のキレを見せるスライダーを投げる。滝川二の2年生左腕・郷原謙投手もどのように投球してくるか。報徳学園は2年生にも139キロ右腕の間木歩投手、身体能力の高い内野手・西村大和選手、俊足の福留希空選手など楽しみな選手が多い。

2023年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント