高校野球熊本大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

萩尾匡也, 浅田将汰, 川野涼多, 津川颯, 相馬蓮樹, 渡辺瑠維, 八木田武洋, 緒方敬亮, 高良練, 内田雄大

夏の高校野球熊本大会の組み合わせは6月14日に決まった。7月4日に開幕する。昨年は、九州学院・村上宗隆選手が東京ヤクルトからドラフト1位指名を受け、また熊本工の山口翔投手が広島にドラフト2位で、秀岳館の田浦文丸投手が福岡ソフトバンクにドラフト5位で指名されており大当たりの年だった。今年は3年生に注目選手は少ないものの、2年生に楽しみな選手がおり、ドラフト注目度はB。

地区

ここ数年は鍛治舎監督が指導をしていた秀岳館が強さを見せ、甲子園でも上位に食い込む力を見せていた。しかし鍛治舎氏が離れると、昨年秋、今年春は文徳が優勝し力を見せた。また昨年夏準優勝の九州学院は、昨秋、今春と準優勝で常に成績を残している。秀岳館も上位に進出するも、大量失点で敗れる試合が目立つ。文徳と九州学院の2強に、秀岳館、熊本国府、鎮西などがどう絡むか。

注目選手

昨年は注目選手が非常に多かったが、今年は残念ながら3年生にはいない。しかし2年生で、有明高の浅田将汰投手が現時点で熊本NO.1と評価される素質がある。183cmの身長があり、球速は145キロを記録する。変化球で緩急をつけた投球も見せ、完成度も高く、来年のドラフト注目投手の一人となりそうだ。

また九州学院の2年生遊撃手・川野涼多選手も現時点で熊本県の遊撃手でトップクラスと評価できる。守備に定評があり正確なスローイングができる。また50m5.9秒も足もあり、打撃の成長次第で来年の注目遊撃手となりそうだ。

その他の注目選手

文徳の萩尾匡也選手は高校通算40本塁打の長打力を誇る右の大砲、プロのスカウトも数人が視察に訪れている。1年生の春から出場をしており2年生で4番を打ち、この春もホームランの数を伸ばしている。外野手という事もありもっと打撃に磨きをかけ、上のステージを狙いたい。

文徳は津川颯投手も185cm90kgの大型右腕、球速は130キロ後半だが、重い球が魅力でこの夏にブレークを期待したい選手。鎮西の相馬蓮樹投手も182cm85kgの体のある左腕で、こちらも球速は130キロ後半だが、大型左腕としてスカウトも1回はチェックをしていそうだ。

甲子園出場組で、秀岳館の渡辺瑠維選手は甲子園で2本の2ベースヒットを打ち、熊本工の八木田武洋選手も甲子園で4番を打ち打撃の良い選手。

九州学院の緒方敬亮選手は攻守に打撃センスの良いセカンド、難しいプレー簡単にできる能力の高さがある。城北高校の高良練捕手は、セカンドまで常に2秒を切ってくる強肩が持ち味。打撃も積極的で注目したい選手。

下級生では他にも熊本工の内田雄大選手が、1年生の夏から3番を任される力のある選手で、180cmの左バッターとして期待、熊本国府の齋藤帆稀投手は130キロ中盤の速球に打撃も注目される。

優勝予想

投打に軸となる選手がおり、秋、春を制している文徳が優勝候補だが、両大会で準優勝の九州学院とは本当に差がない。九州学院は守備がしっかりとしたチームで崩れることはなさそうで両チームが雌雄を争う決勝戦となるか。

ただし、秀岳館もまだ選手層は厚く、伸び盛りの選手もいる。有明は浅田投手が、チームが勝ち上がった時の終盤戦に体力が残っていれば、九州学院、そして文徳を飲み込む力はある。

2018年度以降-高校生-熊本県のドラフト候補リスト


PAGE TOP