高校野球東千葉大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

渡部翔太郎, 野尻幸輝, 田宮裕涼, 相川亮太, 根本太一, 水島滉陽, 釣谷俊介, 宮内竜志, 廣岡隆成, 北野将也, 山中稜真, 古賀達也, 加藤泰靖, 桜井智樹, 宮崎宏哉

夏の高校野球東千葉大会が7月12日に開幕する。

昨年は、東海大市原望洋の金久保優斗投手が東京ヤクルトから5位で指名された。また木更津総合の山下輝投手も最終的には高校NO.1左腕として注目されたが法政大に進んでいる。今年は東西に分かれる千葉、東千葉は木更津総合、成田に注目選手がいるが、今年はドラフト上位候補クラスに挙げられる選手はおらず、ドラフト注目度はB

地区

昨年の千葉大会は木更津総合が優勝し、2年連続の甲子園出場をしている。甲子園では初戦で日本航空石川に9回に逆転負けを喫し、悔しさの残る全国の舞台となった。準優勝は習志野だった。

昨年秋は古豪・拓大紅陵が優勝し、木更津総合はベスト4位に入っている。また今年春は木更津総合が優勝、ベスト4位には千葉黎明が入った。

他にも成田、東海大市原望洋、千葉経大付、千葉明徳や、安房、検見川、幕張総合、多古も強さを見せる。

注目選手

ドラフト指名が確実という選手は、残念ながらいません。

その他の注目選手

千葉黎明の渡部翔太郎投手は春の関東大会で成長した姿を見せた。178cm81kgの右腕で、冬に体重を10kg増やすと、この春は球速を144キロまで伸ばした。そして関東大会で1回戦の青藍泰斗戦に先発すると3失点完投勝利、カーブなどを制球良く投げた。

木更津総合の野尻幸輝選手はもともと強肩内野手だが、投手としても130キロ後半近くのストレートを投げてくる。最後の夏にエースとしてチームを引っ張りそうだ。千葉明徳の宮崎宏哉投手は178cm右腕で143キロを記録、拓大紅陵の桜井智樹投手は171cmの左腕で142キロのキレの良い球を投げる。

館山総合の相川亮太投手は、182cmの左腕で135キロを記録、プロのスカウトが注目をしている伸びしろがありそうな大型左腕。志学館の加藤泰靖投手も182cmから142キロの速球をなげ注目したい投手。千葉経済大付の古賀達也投手は190cmの長身から141キロの速球を投げるが、粘りの投球ができる投手だという。

成田高校の田宮裕涼選手は、中学時代から注目されており、セカンドまで1.84秒の強肩を見せてプロのスカウトも追い続けている、ドラフトの特集では毎回、名前が挙がる選手。確かに見る機会を得ると目立つ捕手だが、そろそろ大舞台でその姿を見せてほしいし選手だ。

木更津総合の山中稜真選手も、昨年は1番、今年は4番を打つなど長打力が伸び、また捕手としての成長も見せている。拓大紅陵は打線が良く、チャンスに強く守備も安定の北野将也選手や、セカンドまで1.9秒台の強肩捕手・廣岡隆成選手がおり、また水島滉陽選手は、昨年の台湾遠征で台湾の注目投手の144キロの球をセンターにはじき返した打撃が注目されている。

銚子商の宮内竜志選手も170cmと上背はないものの130キロ中盤を記録する投手でもあり、また内野手としても俊敏さと強肩を見せる。50m6.25秒の足も良い。

下級生では木更津総合に非常に楽しみな投手がいる。2年生の根本太一投手は180cmの右腕で最速149キロを出している。140キロ後半の速球を連発する力がある投手で、徐々に登板機会を増やしてきている。来年のドラフトまでにどこまで成長を遂げるか。

東京学館の2年生・釣谷俊介捕手もセカンドまで2秒を切る肩に注目されている。

優勝予想

木更津総合は投手が課題だったものの、多くの投手が経験を積み、2年生の根本投手、そして3年生の野尻投手が投手としても力も見せている。捕手、内野手、打線も良く優勝候補の筆頭だろう。

ライバルはここ1年間、安定した成績を残している拓大紅陵、関東大会で1勝をした千葉黎明、志学館のシード校だが、ノーシードの千葉明徳、東海大市原望洋、成田が木更津総合以外のブロックに入った。組み合わせも、木更津総合に見方をしているか。

2018年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP