2019センバツに向けて、盛岡大付の注目選手

盛岡大付, 峰圭哉, 木内優成, 小川健成, 大谷智琢, 佐々木俊輔, 村上颯, 平賀佑東

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は盛岡大付属。

盛岡大付の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度C:平賀佑東選手は183cmの外野手でチーム唯一の大型選手、157キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手を攻略した打撃センスをチェックしたい。

注目度C:村上颯選手は50m5.9秒の足がありチーム一の足がある。肩も95mとまずまず。控え外野手でも練習試合で多く起用されており、素質の開花が待たれる。

注目度C:佐々木俊輔選手はセカンドを守るが遠投110mの肩があり足もありそう。昨年秋は練習試合を含めて6本塁打と長打力もあるようで見てみたい。

注目度C:大谷智琢投手は170cmの右腕だが140キロの速球を投げ奪三振率が高い。投球内容に注目したい。

注目度C:小川健成選手は東北大会で17打数9安打5打点の活躍、酒田南戦でホームランを放つ。肩もある。

注目度C:木内優成投手は175cmの右腕で140キロ近い球を投げる。本格派タイプの投手。

注目度C:峰圭哉選手は1番ショートの選手で、三振の少ない打撃、ショートでの安定した守備は技術の高さを感じさせる。

チーム

エースは軟投はの阿部投手、安定感もあり三振も奪ってくる。控えで強い球を投げる大谷投手、木内投手がおり、阿部投手との緩急が活きる。

打線は打率の高い選手が並ぶが1番・峰選手の出塁でペースを作る。平賀選手などがチャンスに強く得点を還す。投手は3点くらいに抑える力があり、打線は5~7点くらいを奪う。

特に目立った選手がいるチームではないが安定して強さを見せる。

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP