明石商2年・来田涼斗選手が鋭い当たり、センバツ5日目の選手評価

来田涼斗, 根本大蓮, 渡辺伸太郎, 白須仁久, 浦松巧, 岸田明翔, 折田玲, 大村侑希, 江川侑斗

センバツ5日目、明石商、国士舘、啓新、桐蔭学園、松山聖稜、大分で注目した選手の評価をします。

目に留まった選手

明石商の来田涼斗選手は素晴らしい打者で、2年生だが今大会のTOP10には間違いなく入りそうだ。インコースの球をものすごいスイングスピードで振り抜き、外野に痛烈な打球を見せる。この日は2回のライト前ヒットで、その後2打席は四球と、相手投手に恐怖感を与え打撃だった。足もある選手で次戦も注目をしたい。

敗れはしたものの国士舘の3番・渡辺伸太郎選手は、レフト前ヒットに2塁を狙ってセーフにした。50m5.8秒の足を発揮した。白須仁久投手は球速は120キロ台が多い投手だが180cmからの角度のある球を投げた。できればこの冬に130キロ中盤を投げる投手になってほしかったが、球筋が良い投手なのでさらに成長を期待したい投手。

大分の江川侑斗捕手は九州NO.1とスカウトに評価をされた事のある強肩捕手、捕球してから投げるまでのモーションはまだまだだが、投げてからの球はセカンドまで伸びていくもので素晴らしかった。キャッチングとともに、小学生時代からリードをしていた長尾投手とのコンビネーションも素晴らしく、素質ある捕手だと思う。

松山聖稜は、折田玲選手がフルスイングがすごかった。あたりは強いものは見られなかったが振れるところを見せた。2年生の岸田明翔捕手も盗塁をしっかりと刺した。肩の強さは江川選手の方が上だが、捕ってからのモーションなどしっかりしている。来年は注目される。4番の大村侑希選手も185cmの体は打席で迫力があった。

啓新のリリーフ、浦松巧投手は2回を投げてノーヒット1奪三振でパーフェクト。サイドハンドから速球は130キロ中盤を記録し、ゆるーく浮いてくる球も投げ、高校生のバッターではなかなか対応が難しかった。

力を発揮できなかった選手

松山聖稜の188cm右腕・根本大蓮投手には、アドゥワ誠投手(2016年広島ドラフト5位)や土居豪人投手(2018年千葉ロッテドラフト8位)と同じく長身右腕として期待をしていたが、まだ腕の振りが緩く、球速も130キロ前半くらいだった。

それでもこういう投手は急に伸びてくる可能性もあり、1球だけ140キロ中盤から後半を記録して話題となるような事もある。いつ化けるか楽しみな選手でもある。

センバツ第5日目の対戦カードと注目選手
センバツ注目捕手TOP5は?
センバツ注目俊足TOP5は?


PAGE TOP