千葉ロッテドラフト1位・安田尚憲選手、オリックスドラフト2位・鈴木康平投手など評価高まる

鈴木康平, 斉藤大将, 熊谷敬宥, 安田尚憲

ルーキーの新人合同自主トレが本格化、また球団による身体能力のチェックが行われ、千葉ロッテのドラフト1位・安田尚憲選手や、オリックスのドラフト2位・鈴木康平投手の評価が高まっている。また、阪神のドラフト3位・熊谷敬宥選手や埼玉西武ドラフト1位の斉藤大将投手の1軍キャンプスタートも決まった。

松井選手並

千葉ロッテのルーキーは身体測定を行い、ドラフト1位の安田尚憲選手の立ち幅跳びの測定では一番上位を記録し、楠コンディショニングディレクターは、「松井秀喜さんがあんな感じだったのではないでしょうか。スイングにも通じる」と話し、「こんな新人を見たことがない。大学、社会人にもいなかった」と絶賛した。

周囲からも「間違いなく素晴らしい選手になる」と声が聞かれ、千葉ロッテの主砲としての期待が早くもどんどん高まっている。

カーブにスタッフも驚き

オリックスのドラフト2位ルーキー・K-鈴木投手( 鈴木康平投手)は、キャッチボール中にカーブを見せると、相手のはるか頭上から大きく曲がってグラブに収まる軌道を見せ、周囲のスタッフから「おぉ!」と声が挙がった。ボールを受けたドラフト1位の田嶋投手も「1回目線が上がってから落ちてきた」を驚きを見せた。

「楽天の岸さんのような軌道が理想。今は110キロくらいですが、もう少しスピード差がほしいので腕を振って100キロ台になるようにしたいです」と話し、球速差を広げる取り組みをしており、これが使えるようになれば、最速154キロの速球がますます威力を増しそうだ。あとはストレートが低めに行くかどうか、それが鈴木投手のポイントとなる。

キャンプ1軍入りも続々内定

阪神のドラフト3位・熊谷敬宥選手の1軍キャンプ入りが内定した。高代総合コーチが、熊谷選手の練習を見て、「バシン、バシンといい形で捕球をしていた。まだ膝が高いけど、そこも井端のイメージ」と、中日時代に指導してゴールデングラブを7度獲得した井端選手が「入ってきたときに膝が悪くてね。でも練習する中でうまくなっていった」とイメージを重ねた。

「まだ正式発表にはなっていないけど、そういう方針でいます」と話し、1軍キャンプスタートの方針を示した高代コーチ、「楽しみな選手だよ。足も速いみたいだし、あとは打つ方がどれくらいいけるか」と期待をしていた。

また埼玉西武の辻監督が、新人合同自主トレを視察、ドラフト1位の斉藤大将について「この時期からあれだけ投げられている。大学でもあそこまでやっている選手ですから、ぜひ見てみたいというのはある。」と話し、1軍キャンプスタートについて、「そのつもりです」と話した。

野上選手の抜けた先発の穴、また牧田選手の抜けた、変則フォームとしての先発やリリーフでの穴を埋めるという大きな期待を受ける斉藤投手、キャンプで注目したい。

2017ドラフト指名選手

「松井秀喜さんがあんな感じだったのではないでしょうか…」

 06年からトレーニング部門を担当しており「(ロッテで)こんな新人を見たことがない。大学、社会人にもいなかった」と言う。

気温2度の舞洲サブ球場で新人選手がキャッチボール。ひときわ仕上がりの早さを見せていたのがK-鈴木だ。186センチの長身から投げ込まれる角度あるボールに注目が集まった。そのときだった。相手のはるか頭上に投げたようなボールが大きく曲がってグラブに収まった。相手を務めたドラフト1位の田嶋が「1回目線が上がってから落ちてきた」と驚きの声をあげたほどの落差だった。

キャッチボールなどを見守り、斉藤大について「この時期からあれだけ投げられている。大学でもあそこまでやっている選手ですから、ぜひ(手元で)見てみたいというのはある。その(A班スタート)つもりでいます」と語った。


PAGE TOP